Frank Ocean『Blonde』の作曲者クレジットを巡っての問題が解決する

Frank Oceanと彼のプロデューサーであるOm’Mas Keithとの間で一年近くに渡って繰り広げられてきた法的問題がついに解決したようだ。

事の発端は2018年2月にOceanがアルバム『Blonde』の作曲者クレジットを巡ってKeithを訴えたことから始まる。Oceanは『Blonde』制作時、いくつかのトラックのためのマスタリング・プロデューサーとして Keithを雇った。しかしKeithはアルバムの17曲中11曲をOceanと共に制作したとして、相当分の印税を得ていたそうだ。

これに対してOceanは、Keithはソングライティングの過程には関与しておらず、彼が作曲者にクレジットされることやストリーミング再生による印税の配当を受けるのは適切でないと主張した。

Ocean側の弁護士によると、Keithは2012年のOceanのデビューアルバム『Channel Orange』から印税を受け取っており、これからは一切受け取らない事を同意したという。これによって今回の件はついに解決に向かう形となった。

しかしKeith側は今回の疑惑を否定しており、さらに共同制作者として雇われたにも関わらず、一切の印税を受け取れない事に対して逆にOceanを訴えたそうだ。

一応の解決を迎えた今回の件だが、素晴らしいアルバムの周りで泥臭い問題が起こっているのを目の当たりにすると、ファンとしてはどうしても残念だ。

related

Frank Oceanの母親が『Channel Orange』と『Blonde』のどちらが好きか選ぶ

以前Frank Oceanがインタビューで夜間のスキンケアの重要性を説いた際に「日焼け止めを忘れてるよ」と指摘するなど、かなり強いキャラクターを持っていると思われる彼の母親。そんな彼女が、息子の作品の中でお気に入りのアルバムや楽曲について語っている。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

Frank Ocean、Kendrick Lamar、Kanye Westなどの楽曲が使用される映画『WAVES/ウェイブス』の予告編が公開

『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など次々と話題作を発表して、ハリウッドに新風を吹き込む映画制作会社のA24。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。