KANATANによるコラージュとデジタルインスタレーションを展示する展覧会『枯れた胡蝶蘭』が開催

東京・目黒にあるギャラリー月極で1/25(金)から、グラフィックアーティストのKANATANによる展覧会『枯れた胡蝶蘭』が開催される。

KANATANは幼少期から、古いものや、他人の目に拾われないオブジェクトに強く惹かれており、高校時代にデザイン学校に通う兄の影響で「絵が描けなくても物作りができるツール」のPhotoshopを知り、コラージュ作りをスタート。インターネットから拾うチープなフリー画像、買い集めているガラクタ、動画共有サイトにあげられた製作者不明の動画など、日常の中に溢れているものを素材に、普段は交わることのない対比的なものが組み合わされ、アンバランスな「どこの引き出しにも仕舞うことが出来ないもの」に変化する。カテゴリーを特定できないイメージ群は、違和感に溢れ、時には不快感をつのらせ、情報過多社会を皮肉る。

タイトルの「枯れた胡蝶蘭」とは、贈呈された胡蝶蘭を放置し枯らせてしまった後も、ずっと捨てずにベランダに残してしまったKANATANを見た友人が、作家を体現している言葉として作った、オリジナルのイディオム。名付け親のホガミアイによる紹介文はこちらだ。

ハイ・センスなムードと黒髪のボブ。“呼ばれたタイミングで好きにやる”愛すべきカルト・ヒロイン、KANATAN。この度、KANATANの20年以上に渡る“相反するモノを組み合わせる”研究を、ようやくみなさまに発表できることを、心からうれしく思います。
これまでVJやグラフィックアーティストとして、呼ばれた現場で、都度都度、研究の成果を発表してきました。「枯れた胡蝶蘭」展では、かつて一度もアーカイブされることのなかった、高校生時代から現在までの研究成果、を一挙に展示いたします。“ウンコ”も“龍”も“住宅街”も、渾然一体となった研究の成果をぜひ一度、その目でご覧いただき、言葉を失ってください

初の個展となる今回は数十年間作りためたコラージュに、CGやムーブメントを加えた、デジタルインスタレーション作品を展示予定だ。

Info

KANATAN「枯れた胡蝶蘭」
ギャラリー月極
2019年1月25日 - 2月2日
オープニングレセプション:2019年1月25日 18:00 - 20:00

RELATED

『ミュージック・イラストレーション・ アワード2019』が開催決定

2011年にスタートし、9年目を向かえる国内最大級のオーディエンス参加型展覧会『MUSIC ILLUSTRATION AWARDS 2019』が5/2(木)から東京・恵比寿のLIQUIDROOM 2FにあるKATAで開催される。

シカゴの乗り継ぎ駅にラジオ局とDJブースが誕生することに

さすがダンスミュージックの聖地といったところだろうか。シカゴの中心部を南北に縦断する路線Red Lineの95th Street駅が改良工事をおこない、駅構内にパフォーマンスのためのスペースやラジオ局とDJブースが設置されることになったと地元紙が伝えている。

河村康輔とYOSHIROTTENが中心になり即席アートグループUTOPIEが結成

コラージュアーティストの河村康輔とグラフィックアーティストYOSHIROTTENを中心とした即席アートグループ UTOPIEが結成され、制作活動をスタートさせた。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。