東京の新興レーベルN.O.S.からk_yamのEPがリリース

始動1年目からRandomer、Baltra、Deejay Astral、Fede Lng、DJ Bowlcutなどを立て続けに招いてパーティーを開催し、6月に韓国・ソウルの3ヶ所でプレイするなど精力的な活動が続く東京のレイヴプラットフォーム。レーベルN.O.S.。

キャッチーなサンプリングと初期衝動的熱量を持ったローファイなハウスやブレークビーツ、再興しているトランス感溢れるUK発レイヴミュージックやハードテクノなどをリリースしてきた同レーベルからメンバーのk_yamによるEP『Blue Lighting EP』がリリースされた。

2018年に、とあるDJのプレイを見て「“Last Night A DJ Saved My Life”の世界観を体験してしまった」と痛く感動し、その衝撃を昇華したという、UKライクなブレークス混じりの高速テクノ“Ssd”で幕をあけるこのEP。

スペーシーなアシッドブレークス“Gzip Speeks Opt”、そして3曲目には“Ssd”を完成させた直後にそのまま手掛けたという、メロディックな無重力ブレーク・エレクトロ“Touch Blade”と続いていき、どれもDJ向きでありながら異彩も放っている存在感のある1枚となっている。

Info

k_yam
『Blue Lighting EP』
Release date: 2019/1/17
Label: N.O.S.
Cat no.: NOS 004
Format: Digital

Order here: https://nitrousoxidesystems.bandcamp.com/album/blue-lighting-ep

Tracklist:
1.Ssd
2.Gzip Speeks Opt
3.Touch Blade

related

CYK、解体新書などのコレクティブが集結するウェアハウスパーティー『Gorilla Fire』が都内で開催

CYK、解体新書、N.O.S.をはじめとするDJコレクティブが一堂に集結するウェアハウスパーティー『Gorilla Fire』が、11/9(土)に京浜島の工業地帯に位置するBUCKLE KÔBÔで開催される。

【メールインタビュー】N.O.S. | 東京で加速しつづける新世代レイヴプラットホーム

今年3月、始動から一年を迎えるレイヴプラットホーム/レーベルN.O.S. (Nitrous Oxide Systems)。これまでにDJ Seinfeldやbaltraなど海外から新鋭プロデュサーを招聘し東京でプラットフォームを確立していくとともに、Seoul Community Radioとパーテ...

新世代ハウスを牽引するレーベルShall Not Fadeのツアーが開催

新世代ハウスを牽引するプロデューサーの多くを輩出してきたレーベルShall Not Fadeの3周年を記念して東京と北海道でツアーを9月に開催する。 ブリストルを拠点とするShall Not Fadeは、ブリストルの名門クラブMotion Bristolで働いていたKGWことKieran Wi...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。