藤井健太郎によるパーティが2月に開催決定 | 親交のあるPUNPEE、BAD HOP、ゆるふわギャングなどが出演

『水曜日のダウンタウン』や『クイズ☆正解は一年後』など数々の人気番組を手がけるTVプロデューサーの藤井健太郎が主催するパーティ『STILL MORE BOUNCE』が、2/2(土)に東京・代官山UNIT・UNICE・SALOONで開催される。

藤井は音楽好きとしても知られ、ゆるふわギャングのMVの監督や、水曜日のダウンタウンでは、オープニングにPUNPEEを起用するなど、TV業界だけでは無く、音楽好きからも注目を集めている。今回のラインナップも普段から親交があるアーティストを自らがブッキング。ライヴでBAD HOPやゆるふわギャング、B.D. × Ryozo Obayashi × Boot-Tondel、Qiezi Mabo、CREATIVE DRUG STOREなどが出演。

DJではPUNPEE、オカモトレイジなどに加え自身もプレイを披露する。LINEUPを発表する前に発売した、先行チケットは即日完売しており、一般販売は、1/21(月) AM 10:00から各プレイガイドにて発売開始となる。

藤井にしか作れないこのパーティ、貴重な機会となるのは間違いなさそうだ。

Info

STILL MORE BOUNCE
2019.02.02 at UNIT/SALOON/UNICE
OPEN / START 23:30
ADV 5,000YEN
※20歳未満は入場不可・要顔写真付き身分証明書。

1/21(月) AM 10:00 発売開始
ぴあ (Pコード:140-283)
LAWSON (Lコード:73393)
e+(https://eplus.jp/)

LIVE:
BAD HOP
SEX FRiEND(アイナ・ジ・エンド(BiSH)× UK(MOROHA))
ゆるふわギャング
B.D. × Ryozo Obayashi × Boot-Tondel
chelmico & なかやまきんに君
Qiezi Mabo

DJ:
PUNPEE
オカモトレイジ(OKAMOTO’S)
KENTARO FUJII & FRIENDS

LIVE:
レイザーラモンRG
CREATIVE DRUG STORE(doooo, in-d, JUBEE, Heiyuu)

DJ:
DONUTS DISCO DELUXE(ANI, ロボ宙, AFRA)
SEX山口
shakke-n-wardaa

LIVE:
嫁入りランド
koedawg

DJ:
ODDJOB SHOW CASE (BACK TO SCHOOL & Ole / VJ: shinba_d)
Roger YAMAHA
shakke-n-wardaa
DJ SHOW C
RiKiYA(YouthQuake)

and MORE…

related

『夏の魔物』によりKOHHやTohji、ゆるふわギャング、5lack、SEEDA、Jin Dogg、鎮座DOPENESSなどが手塚プロのキャラクター化

YouTubeにて10/19(月)~10/23(金)、幕張メッセイベントホールで10/24(土)~10/25(日)に開催される『夏の魔物』による新シリーズ『夏の魔物SPECIAL MAMONOISM』が手塚プロダクションにアートワークを依頼し、描き下ろしされた出演者イラストが公開となった。

PUNPEEが新たな配信コンテンツ『Seasons Greetings'20』を発表

先日LIVEWIREで開催された配信ライブ『The Sofakingdomcome』では野外ロケやAR技術を駆使して話題になったPUNPEEが、新たなコンテンツ『Tongpoo videos vol.2 PUNPEE Presents. "Seasons Greetings'20"』を配信することが決定した。

BAD HOPがクラフトビールメイカー『BUZZ HIGHER』をスタート | 地元・川崎や横浜のバーに提供を開始

BAD HOPのT-Pablowが、昨日自身のSNSでBAD HOPとしてクラフトビールメイカー『BUZZ HIGHER』をスタートさせたことを発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。