【フォトレポート】BIM 『Magical Resort』at 渋谷QUATTRO

昨年ソロ・アルバム『The Beam』をリリースしたBIMが1月東京・渋谷QUATTROと大阪・心斎橋SUNHALLにて『Magical Resort』ツアーを敢行した。チケットは両公演とも前売り時点でソールドアウト。BIMが初めて行うソロでの2時間近いライブや、ゲスト出演アーティストへの期待が現れていた。FNMNLではその東京公演の様子をレポートする。

まず渋谷QUATTROのステージ上には、SUMMTネオンサインの他に、ヤシの木や街灯のオブジェが鎮座しCreative Drug Storeらしい演出に胸が高まる。バックDJを務めるVaVaがDJブースに登場し、HeiyuuによるMagical Resortイントロビデオが上映されると、真っ赤の照明に切り替わるやいなやBIMが"Red Apple"のイントロで勢いよく登場。"会える日がCOOL"、"サンビーム"、"Orange Sherbet"といったソロ曲をエモーショナルに連発。照明がBIMらしいレイドバック&チルな雰囲気を盛り上げる。

"6 Words holiday"では先輩ERAが登場。ヘッズたちが熱く盛り上がる。そして次には待ってましたと言わんばかりに盟友The Otogibanashi'sのin-dが登場しBIMのソロライブに花を添える。"Pool"、"Department"、"Fountain Mountain"といったThe Otogibanashi'sクラシックスを披露し、JUBEEも登場しての"大脱出"を披露で会場は大いに沸いた。その後in-d、JUBEEと一緒にBIMがなぜかステージから去ると、VaVaがマイクを持ち「ちょっとやっていいですかね?」とオーディエンスにサプライズ。"現実 Feelin'on my mind"、"ロトのように"をパフォーマンス。最後はVaVa最新EPから"Hana-bi"ではBIMも衣装を替えて再登場し、2人で華やかにVaVaセグメントを締めくくり第二部スタート。

"Magical Resort"、"Beverly Hills"、"Starlight Travel"、そして"Tissue"とBIMは畳み掛ける。MCを挟んでPUNPEEが"BUDDY"で登場するとさすがにフロアも大盛り上がり。「POOLのMVをリツイートしたのが始まりで、渋谷QUATTROでソロライブするまでに…」とPUNPEEも感傷にふけった。本編ラストはkZmとの"Dream Chaser"で大団円。

アンコールでBIMが再登場すると"Link Up"を披露。少しMCを挟み「今日は全員揃ってるぜーー!」とBIMのシャウトとともにSUMMITオールスター全員揃い踏み。まさかの"Theme Song"で会場は歓喜の声に包まれた。興奮冷めやらぬまま最後はVaVaプロデュースの"Bonita"で大合唱でフィナーレを飾った。

大阪公演も盛況に終わり、追加公演も盛り上がるであろうこと必至のBIMのこの勢いは2019年のシーンの行き先を占う上でも幸先の良すぎる出だしとなった。

Photography by Jun Yokoyama

--
BIM ”Magical Resort Encore”

東京 1/30(水) 渋谷 WWW X
open18:30/ start 19:30・ALL STANDING ¥3,500(前売/1 ドリンク別) #03-3444-6751(SMASH)

チケット発売
一般発売: 1/15 (火) 17:00〜
東京公演:LINE TICKET・ローソン(L: 73737)・e+・ぴあ(P: 141-082)
クレジット
主催・企画 : SUMMIT, Inc. 制作 : SMASH
総合問合わせ:SMASH 03-3444-6751 smash-jpn.com ,smash-mobile.com

BIM
https://www.summit2011.net/bim/

related

STUTSが3rdアルバム『Orbit』からJJJとBIMをフィーチャーした"Voyage"を先行リリース | アルバムにはAwich、Blu、 C.O.S.A.,、Campanella 、NENE、Ryugo Ishida、鎮座DOPENESSなども参加

STUTSが4年ぶりとなる3rdアルバム『Orbit』から、"Voyage feat. JJJ, BIM"を本日9/7(水)に先行リリースした。

ヒップホップフェス『THE HOPE』が10月に代々木第一体育館で開催 | Awich、BAD HOP、BIM、Jin Dogg、Tohji、¥ellow Bucksなど50組以上が出演決定

10/23(日)に東京・原宿の代々木第一体育館で国内最大級のヒップホップフェス『THE HOPE』が開催される。

PUNPEE & BIMのEP『焦年時代』のトラックリストが公開 | ZEEBRAが参加

先週急遽リリースすることが発表されたPUNPEE & BIMのEP『焦年時代』。収録曲"トローチ"が先行配信中だが、本日そのトラックリストが公開となった。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。