サモハンキンポーとWool & The Pantsによるパーティに鶴岡龍とCYKのNariが出演

ワシントンD.C.のレコードレーベルPPUから日本人初となるリリースも控える、東京のミニマル・ファンク・バンドのWool & The Pantsと思い出野郎Aチームのパーカショ二ストにしてMAD LOVE Recordsを主宰するDJサモハンキンポーによるライヴ/DJイベント『Bottom of Tokyo』が1月19日(土) 幡ヶ谷 forestlimitにて開催される。

第2回目の開催となる今回のゲストには、昨年Wool & The Pantsとスプリット盤『DEMO』をリリースした横浜のメロウシンセ歌手 鶴岡龍とハウス・コレクティブ CYKのNariを迎える。

またフライヤーは新進気鋭のデザイナー Riku Hoshikaが手掛けている。

INFO

1月19日(土) 18:00 start

『Bottom of Tokyo』@幡ヶ谷forestlimit

charge 1500yen

LIVE:

鶴岡龍

Wool & The Pants

DJ:

Nari(CYK)

サモハンキンポー

不時着

Flyer:

Riku Hoshika

related

思い出野郎Aチームが自粛生活の大きな支えとなったという"独りの夜は"の7インチの一般発売が決定

思い出野郎Aチームが、自分たちが主催する支援プロジェクト「ソウルピクニック・ファンディング」のリターンとして、初めて在宅で制作したシングル"独りの夜は"を一般発売する。

思い出野郎Aチームがオンライン飲み会生配信の第二回を開催

思い出野郎Aチームのメンバーで行われている飲み会を、ファンにも見てもらおうという企画『ソウル家ピクニック』が大好評につき5/24(日)に開催決定した。

YOUR SONG IS GOODと思い出野郎Aチームのワンマンライブ映像のオンラインプレミア上映が決定

YOUR SONG IS GOODが昨年4月に日比谷野音で、思い出野郎Aチームが昨年12月に恵比寿リキッドルームでそれぞれ開催したワンマンライブの映像の2日間にわたるオンライン上映が決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。