今年を代表する作品をリリースしたSTUTSがAWAでプレイリストを公開

今年を代表する作品の1つ『Eutopia』をリリースしたSTUTSが、AWAでプレイリスト『Autumn Changes』を公開した。

STUTSは、初めてプレイリストを作った感想について「プレイリストってかたちでは今まで作ったことなかったので、どうしようかなって悩みました。ミックスCDは作ったことがあったので、その感覚に近かったですね。けど、ミックスCDと違って、プレイリストだと1曲ずつ楽しめるので、別な感じで楽しんで作ることができました。AWAは気軽にプレイリストが作れて、公開しやすいですね」と話している。

また選曲については「秋〜冬という季節に聴きたいと思った曲を並べました。気候や風景が日に日に移り変わり、身体面のみならず精神面でも物の捉え方が変化していく時期なので、「変化していくこと」というテーマで選曲しました。13曲目のM.F.S.Bや14曲目のBoz Scaggs(ボズ・スキャグス)とかはネタものとして聴いてた延長で好きになった曲だったり、小・中学生の頃聴いていた曲から最近聴いてた好きな曲まで、ジャンル問わずテーマに合わせて選びました」とコメント。

Info

AWA ダウンロードURL:https://mf.awa.fm/2SnxF6P

[Track list]
01. Roy Hargrove「Strasbourg / St. Denis」
02. ザ・なつやすみバンド「蜃気楼 [TNB×mitsume]」
03. Teyana Taylor「Gonna Love Me」
04. PHONY PPL「Why iii Love The Moon.」
05. Earth, Wind & Fire「Make It with You (Remastered)」
06. JAY-Z「4:44」
07. LIL UZI VERT「XO TOUR Llif3」
08. クエイヴォ「RERUN feat. Travis Scott」
09. Travis Scott「ASTROTHUNDER」
10. XXXTENTACION「Jocelyn Flores」
11. STUTS「FANTASIA (feat. 一十三十一)」
12. Milton Nascimento「Tudo O Que Você Podia Ser」
13. M.F.S.B.「Old San Juan」
14. Boz Scaggs「Lowdown (Edit)」
15. The Crusaders「Freedom Sound」
16. スチャダラパー「FUN-KEY-WORD」
17. 宇多田ヒカル「time will tell」
18. Patrice Rushen「Remind Me」
19. Blood Orange「Orlando」
20. N.E.R.D「Deep Down Body Thurst」
21. Tom Misch「It Run's Through Me (feat. De La Soul)」
22. STUTS「Changes (feat. JJJ)」

[Playlist’s URL]
https://mf.awa.fm/2LCaAL8

Links
Twitter:https://twitter.com/stuts_atik
Instagram:https://www.instagram.com/stuts_atik/

Credits
Text:Toru Miyamoto
Photo:Toru Miyamoto

RELATED

AWA × FNMNL コラボレーションプレイリスト Vol.10 | 『Rainy Rainy Sounds』

昨年よりスタートした、日本生まれの音楽プラットフォームAWAとFNMNLのオフィシャルコラボプレイリスト。

Kvi BabaがAWAでプレイリスト『Color Of My Eyes』を公開

Kvi Babaが音楽ストリーミングサービスAWAでプレイリスト『Color Of My Eyes』を公開した。

AWA × FNMNL コラボレーションプレイリスト Vol.9 | 『Beats for New Life』

昨年よりスタートした、日本生まれの音楽プラットフォームAWAとFNMNLのオフィシャルコラボプレイリスト。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。