1 of 2018 Selected by YonYon

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画はアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらうもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画をきっかけにそれぞれの2018年を振り返ってみては?

ソウル生まれ東京育ちというバックグラウンドを持ち、DJ、プロモーター、音楽プロデューサー、ラジオDJとしてマルチに活動するYonYonの2018年。

YonYonが2018年に一番身に沁みた言葉

隣人を自分のように愛しなさい。(マタイによる福音書 22章39節)

2018年は、年中師走でしたと言っても過言ではないくらい、本当にたくさんのことをやり遂げ、多くの人と関わってもらったりと、身の回りの環境も変化した年だったなと、振り返ればふと思います。

今まで割と一人でこなせてきたことも、徐々にさばけなくなってしまったり、自分が良しと思ってやっていたことが実は間違っていたり、チームで動くようになってから一緒に仕事する仲間を通して映される自分の姿を今頃になってやっと客観的に見れるようになってきたのかなとも思います。

人に頼るってことを覚えて欲しいし、本気で頼って欲しいと何度も言われたけど、やっぱり他人に物事を預けるのは不安だったし、自分でもやろうと思えばできてしまうということもあって、結局は抱え込みすぎて身も心もパンクしてしまい、人間不信になったり、一時的にかなり辛かったりしたのですが、そんな時に私を救ってくれた言葉を今日はシェアしたいです。

自分自身を愛するように隣人を愛しなさい。

ここでいう隣人を愛するということは、まず自分を愛することが前提にあることを示しています。人は何かしらのコンプレックスをもっていて、それを隠して生きていて、そんな自分が嫌いだったり、もしくはそういう自分に気づいていなかったりと、100パーセント本当に自分自身を愛することって難しいのではないでしょうか。

私自身、自分のことをコンプレックスの塊だと思っていて、行動力の裏にはたくさんの悩みと不安に囲まれています。女の子アーティストなら特に、業界人から見た目で判断されたり、フォロワーの数字で切り落とされたり、女性アーティストの実力なんて所詮…みたいな決まり文句を何度も耳にしたりと、常に誰かと比べられてしまうシチュエーションの中にいることが多いと思います。だからこそ、自分を強くするとか、誰にも負けないとか、まずは自分の立場と名目をと、自分ばかりを見つめて、周りが見えなくなってしまった人も中にはいるのではないでしょうか。

少し前の私がそうだったので、自分がどんなに脆くて弱い人間だったのかよくわかっています。現在は過去の積み重ねであるので、過去を受け入れられないと現在の自分を受け入れることはできない。その為、この聖書の箇所を覚えてまずは過去の自分と和解することを選びました。

今自分がここにいるということを大事に思うこと。ここまで来た過程と選択を受け止めて、ありのままを認めることで過去の自分と和解し、今の自分を大切な存在だと思えるようになった気がします。人は自分を愛するようにしか、隣人を愛することができないので、自分自身を心から愛せてから初めて、他の人の弱さを受け止めることができ、隣人を愛することができます。

自分が愛し、愛される者の存在をしっかり見出していけば、他から受ける嫌な思いや物事なんて正直どうでもよくなると思うんですよ。

その他にも、マタイによる福音書には、人生をハッピーに生きるコツみたいな名言がたくさんあって、

「あなたの敵を愛し、自分を迫害する者のために祈れ」(マタイによる福音書 5章44節)

「自分が裁かれないために、人を裁くのをやめなさい。あなたがたは、自分の裁く裁きで裁かれ、自分の量る秤で量り与えられる。」(マタイによる福音書 7章1節)

「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法と預言者である。」(マタイによる福音書 7章12節)

など、たくさん良い刺激を受けました。義務感や責任感から仕方なく隣人と積極的に関わるのではなく、相手に愛をもって応えるのが大事なんだなと改めて思います。だからこそ、今は自分はもちろん仲間や家族を信頼して積極的に頼ることを覚えました。人と向き合ってぶつかって生きていくから人生って楽しいんだなと。

自分の中で起きた心境の変化と伴い、物事もどんどん順調に進んでいて今が一番楽しいです。出会いと繋がりを大切に、愛をもって2019年も生きていきたいと思います。

2019年の告知

・The Link プロジェクトの第三弾が間も無く公開されます。PVもいい感じに仕上がってきましたので、お楽しみに!

・2月はDJツアーとして西日本を中心に各都市を周ります。詳細は年明けに発表しますので、全国の皆さんよろしくお願いします!

YonYon (BRIDGE)

ソウル生まれ東京育ちというバックグラウンドを持ち、DJ、プロモーター、音楽プロデューサー、ラジオDJとしてマルチに活動するクリエイター。

2012年にDJとしてのキャリアをスタート。ジャンル・言語の垣根を越えて直感的に組み立てていく独自のMIXスタイルを確立し、日・韓のみならずアジア、アメリカ、ヨーロッパの様々な都市のクラブや大型フェスなどに出演。彼女のプレイは、大衆を盛り上げれるだけでなく、オーディエンスとより密接な小箱でのパフォーマンスも怠らない。

そして、2018年12月にはフィジカルMIX CD「Tower Records & Manhattan Records® presents “CITY HIP POP MIX”」をリリースした。渋谷に位置するマンハッタンレコード及び全国タワーレコード限定で全国流通された。

また、日韓を繋ぐキーパーソンとして[THE LINK]プロジェクトの立ち上げや、Interfm897「Tokyo Scene」ではラジオパーソナリティーとして同年代のアーティストやユースカルチャーの情報を発信する役目を担うなど、彼女のアンダーグラウンドからオーバーグラウンドまで分け隔てないグローバルな活動に注目が集まっている。

RELATED

【イベントスナップ】『City Connection』|Manhattan Portageが提案する都市型音楽プロジェクト

ニューヨーク生まれのバッグブランドManhattan Portageの都市型音楽プロジェクト『City Connection』が10/22(火/祝)に、代官山UNITにて開催された。 出演者はtofubeatsやD.A.N.、in-d、PAELLASなどに加え、MUROやokadada、WON...

【特集】Manhattan Portageの音楽プロジェクト『City Connection』の出演者がチョイスする「都市の音楽」

ニューヨーク生まれのバッグブランドManhattan Portageが都市型音楽プロジェクト『City Connection』を10/22(火/祝)に代官山UNITの3フロアで開催する。

adidas JapanがTENDRE、Samuel Seo、YonYon、さらに向井太一がゲスト出演する9/5(木)『The Link』のオフィシャルスポンサーに決定

YonYonが立ち上げた、日韓のプロデューサーとシンガーを楽曲制作という形でつなぎ、両国で楽曲を配信・プロモーションしていく音楽プロジェクト『The Link』。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。