1 of 2018 Selected by DJ Scratch Nice

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画ではアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらおうというもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画をきっかけにそれぞれの2018年を振り返ってみては?

数々の作品でプロデュース、リミックス、スクラッチで参加し、最近では仙人掌 『Boy Meets World』を全曲プロデュースしたDJ Scratch Niceのチョイス。

DJ Scratch Niceの2018年の好きだったアルバム

Pusha T - 『DAYTONA』

コメント

一番インパクトあったと思ったし、DJの時よくかけたから。

2019年の告知

一番近いのではアルバム、ビートテープを出す予定です。よろしくお願いします。

DJ Scratch Nice

DJ / Beatmaker
@scratchnice

これまで数々の作品でProduce, Remix, Scratchで参加。最近では仙人掌 ”Boy Meets World”を Full Produceしている。また2016年にIStandard Beat battle NYで優勝。同年、XXL 50cent interviewのBGMを担当。

related

ISSUGIがBudamunkプロデュースによるニューシングル"ON FiELD"をリリース | DJ SCRATCH NICEによるリミックスも

ISSUGIがBudamunkプロデュースによるニューシングル"ON FiELD"を本日5/31(月)にデジタルリリースした。

DJ SCRATCH NICE & ENDRUNによるジョイントアルバム『Acupuncture Instrumentals』がリリース

DJ SCRATCH NICE & ENDRUNによるジョイントアルバム『Acupuncture Instrumentals』が明日リリースされる。

ヒップホップクルーLSBOYZの1stアルバム『LSBOYZ』が12月にリリース|故febbや、FITZ AMBRO$E、DJ SCRATCH NICE、Altoなどがトラックを提供

東京地下最深部で暗躍するヒップホップクルーLSBOYZ が、1stアルバム『LSBOYZ』を12月2日(水)にリリースする。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。