WWWのレギュラー企画『NEWWW』が2月に連続開催 | さとうもか、中村佳穂、 betcover!!などが出演

フレッシュな表現者、今後の活躍から目が離せないアーティストが出演してきた東京・渋谷WWWのレギュラー企画『NEWWW(ニュー)』が、来年2月に連続開催決定。

2/6(水)には、アジアを中心に海外でもじわじわと人気の高まるI Saw You Yesterdayや、グランジオルタナサウンドをひとりで紡ぐARSKN、独特の言語感覚と哀愁を帯びたサウンドで話題のヤナセジロウのプロジェクトbetcover!!が出演。

I Saw You Yesterday

2/19(火)には岡山を拠点とするパステルカラーのニュースター、さとうもか。TokyoNouvelleVagueを掲げるジオラマラジオ、2ndアルバム『AINOU』が大きな話題となっている京都出身のシンガー・ソングライター中村佳穂の3組が登場する。

さとうもか

エントランスは1000円と足を運びやすい価格で、躍動する新世代のパフォーマンスをぜひチェックしてみてはいかがだろう。

Info

タイトル:NEWWW vol.16
日  程:2019年2月6日(水)
会  場:WWW
出  演:I Saw You Yesterday / ARSKN / betcover!!
時  間:開場18:30/ 開演19:30
料  金:¥1,000(税込 / ドリンク代別 / オールスタンディング)
問  合:WWW 03-5458-7685
チケット:12/22(土)10:00~ WWWメール予約 / WWW店頭 / e+

◆メール予約ご希望の方
・件名「2/6 "NEWWW" 予約希望」
・本文に、氏名(カタカナ)・電話番号・枚数を明記の上、www.info@www-shibuya.jpまでメールをお送りください。
※予約受付期間:~2/5(日)23:59

公演詳細:
https://www-shibuya.jp/schedule/009783.php

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

タイトル:NEWWW vol.17
日  程:2019年2月19日(火)
会  場:WWW
出  演:さとうもか / ジオラマラジオ / 中村佳穂
時  間:開場18:30/ 開演19:30
料  金:¥1,000(税込 / ドリンク代別 / オールスタンディング)
問  合:WWW 03-5458-7685
チケット:12/22(土)10:00~ WWWメール予約 / WWW店頭 / e+

◆メール予約ご希望の方
・件名「2/19 "NEWWW" 予約希望」
・本文に、氏名(カタカナ)・電話番号・枚数を明記の上、www.info@www-shibuya.jpまでメールをお送りください。
※予約受付期間:~2/18(日)23:59

公演詳細:
https://www-shibuya.jp/schedule/009784.php

related

中村佳穂の『LIVEWIRE』でのオンラインライブは活動初期から出演してきた京都のUrBANGUILDから配信

スペースシャワーが手がけるオンラインライブハウス『LIVEWIRE』のオープニングシリーズとして、9/12(土)に開催される中村佳穂の公演の詳細が発表となった。

WWWのレギュラーイベント『dots』として開催されるbetcover!!とMomの初2マンの振替日程が決定

WWWのレギュラーイベント『dots』の最新回として、betcover!!とMomの初の2マンライブが8/11(火)に開催する。 2ndアルバム『告白』を7/1にリリースしたbetcover!!は、ダブ、パンク、フォーク、ソウルなど多様なジャンルを取り込み自由でパワフル、かつ遊び心が満載のライ...

スペースシャワーによるライブ配信サービス『LIVEWIRE』が始動 | 第一弾にPUNPEE、カネコアヤノ、中村佳穂、Suchmosなどが登場

創業30年の歴史の中で音楽専門チャンネル、音楽レーベル、アーティストマネジメント、ライブハウスなど音楽を中心とした様々な事業を企画、運営、プロデュースしてきたスペースシャワーネットワーク。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。