Ramzaが2年ぶりの最新作『sabo』を来年2月にリリースへ

Photo yuhki touyama

名古屋を拠点とする日本の最重要ビートメイカーの1人のRamzaが、1stアルバム『pessim』以来となる2年ぶりのミニアルバム『sabo』を来年2月にリリースする。

Ramzaは2018年は東京, 六本木の"21_21 DESIGN SIGHT"で開催された「都市写真-ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち」ではTakcomのインスタレーションにてサウンドデザインを担当。折坂悠太の2nd Album「平成」のトラックアレンジメントからCampanella、C.O.S.A. × Kid Fresino等、数々 のラッパーへのビート提供。BUSHMIND、tofubeats、レミ街、仙人掌等のリミックスワークをこなした。

前作リリース後に多忙なツアースケジュールで蓄積された様々なものへの、メディテーションとして作り出されたのが本作。ツアーや様々な生活の中で体験したことをサンプルに、強靭な手つきでまとめあげられ1本のストーリーに紡ぎ直されている。

Ramzaにしかなし得ない作品が今回もまた生まれたようだ。

Info

Photo yuhki touyama

■アーティスト:Ramza(ラムザ)
■タイトル:sabo(サボ)
■品番:AUN012
■定価:¥1,852+税
■発売元:AUN Mute
■収録曲目:未定
■アートワーク:制作中/アートワークには写真家yuhki touyamaによる写真を使用
2019.2.13 ON SALE

related

RamzaがミックスCDシリーズの最新作を3月にリリース | 架空の映画をコンセプトにアシッドフォークを紡ぐ

名古屋を拠点とする作曲家で、2017年にアルバム『pessim』、2019年にはミニアルバム『sabo』をリリースしたRamzaが、ミックスCDシリーズ「K-TOWN MIX」の最新第四弾を3/11(水)にリリースする。

台風で延期になった『BOILER ROOM NAGOYA』が名古屋城天守閣前で開催

台風で開催が延期になった『BOILER ROOM NAGOYA』が11/16(土)に名古屋城天守閣前で開催される。

名古屋城天守閣前で開催されるBoiler RoomにC.O.S.A.、RAMZA、食品まつり A.K.A. FOODMANなどが登場

ロンドンを拠点に世界各地でDJやライヴを配信するプラットフォームBoiler Roomが10/12 (土)に名古屋城天守閣前で開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。