Kanye Westのゴーストライターを務めたPardison Fontaineが、自身をゴーストライターだと暴露したKanyeに対して怒りを見せる

ラッパーがゴーストライターを雇うことは現在のラップシーンにおいて珍しいことではない。Kanye WestやCardi Bがゴーストライターを雇っていることは広く知られているが、その両名のリリックを書いた経験もあるラッパーPardison FontaineのインタビューがGQにて公開された。

インタビューでPardisonは、自らが「ラッパー」としてではなく「ゴーストライター」として認知されていることに不満を表明している。彼自身は曲も多くリリースしている才能のある若手ラッパーだが、KanyeやCardi Bのような人気ラッパーにリリックを提供したばかりにアーティスト個人として認識されることが少なくなってしまったという。

その原因の一つに、KanyeがTwitterにてPardisonをゴーストライターとしてクレジットしたことがある。Kanyeは「Pardison Fontaineが“Violent Crimes”のヴァースを書いた。俺は二つのラインを変更したけど、彼が曲の全体を書いたんだ。CyHi Da Prynce、Consequence、Pardiの三人が、業界の中のゴーストだ」というツイートで、アルバム『Ye』の“Violent Crimes”が殆どPardisonの手によるものだということを暴露。それが広く拡散されたことで、Pardisonのゴーストライターとしての知名度が格段に上がってしまった。

Pardisonはこの出来事について「むかついた」と話す。「それは誰も知らなくてよかったことだ。俺はKanyeに“そんなことのために歌詞を書いたんじゃない”って言ったよ」と語る彼は、クレジットされるためではなくあくまでサービスとしてゴーストライターを務めたそう。

ゴーストライターとして知られてしまったPardison Fontaineだが、これを機会に優れたリリックを書ける彼のラッパーとしての実力も広く知られることを願うばかりだ。

related

Kanye WestとGAPによるYEEZY GAPのラウンドジャケットの先行予約がスタート

Kanye WestとGAPによる話題のプロジェクトYEEZY GAPから、目玉アイテムとして発売前から話題になっていたラウンドジャケットのブラックの先行予約がスタートした。

ReebokとCardi Bのコラボコレクションから初のウェアが登場|コラボClub Cも

Reebokグローバルアンバサダーを務め、世界的に活躍する新進気鋭のラッパーCardi Bとのコラボレーションコレク ショ『Reebok × Cardi B』より、初のアパレル展開となる『Summertime Fine Collection』と、人気シューズClub C Cardiの新作モデルが、4月24 日(土)より発売される。

Kanye WestのドキュメンタリーがNetflixに3000万ドルで購入される

アルバム『JESUS IS KING』以降まとまったリリースは無いながらも、昨年の大統領選やKim Kardashianとの離婚、GAPとのコラボレーションなど何かと話題の尽きないKanye West。そんな彼のドキュメンタリーが、Netflixに高額で買収されたことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。