KMの制作風景に密着したBlack Fileの人気企画「オタク IN THA HOOD」が公開

ビートメイカーやラッパーのこれまで明かされていない、制作現場やたまり場を紹介するBlack Fileの人気企画「オタク IN THA HOOD」に、アルバム『Fortune Ground』をリリースしたKM編がYouTubeでも公開された。

ホストを務めるKloozはKMのスタジオ兼自宅を訪問、家族と共に生活をしながら制作をこなすKMの制作環境を解き明かしていく。レコードコレクションや本棚にはECDの影響で読み始めた中島らもの著作群などが並ぶ。

また子供部屋ではKMのDJプレイを見たという長男に「パパかっこよかったよ」と言われたのがなにより嬉しかったというほっこりするエピソードも明かしている。

その後はシンプルな環境の中でスピーディーに曲を作っていくKMの制作部屋を紹介、ビートを作るためにスタジオに入る必要はないというKMらしいコメントを残している。

RELATED

福岡のラッパーPEAVISが1stソロアルバムを10月にリリース|客演にはGottz、田我流、Daichi Yamamotoが参加

福岡のヒップホップクルーYelladigosのメンバーとしても活動するPEAVISが1stソロアルバム 『Peace In Vase』を10/24にデジタル先行でリリースする。

田我流がVaVa、C.O.S.A.、KMを招いたイベント『Big Wave』を11月に開催 | VaVaがプロデュースした"Cola"のミュージックビデオも公開

4月に7年ぶりの3rdアルバム『Ride On Time』をリリースし、WWW Xを含む4都市で単独ツアーを成功させた田我流が11/1(金)に東京・恵比寿リキッドルームで自主企画イベント『Big Wave』を開催する。

JUBEEがミクスチャー、ビッグビート、レイヴなどをコンセプトにしたイベントを開催 | KM、BAKU、GUCCIMAZE、SEX山口などが出演

Creative Drug Storeのメンバーで、ヒップホップを軸にミクスチャー、ビッグビート、レイヴなど90年代後半〜00年代初頭のストリートカルチャーや音楽を指向するJUBEEによるイベント、『Rave Racers』が10/18(金)に東京・中目黒ソルファで開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。