DMB PRODUCTIONによるイベント『Da Morbid Ballaz』にERAやPAYBACK BOYS、STRUGGLE FOR PRIDEなどが出演

2008年のコンピリリースから10年を記念したグループ展を6月にTOKYO CULTUART by BEAMSで開催したDMB PRODUCTION。

10数年前からハードコアバンドのライブで凶悪なモッシュクルーとして名を馳せたDMB(Dirty Mosh Brigade)を起源とするDMB PRODUCTIONによるイベント『Da Morbid Ballaz』が12/2(日)に東京・新大久保のEARTHDOMで開催される。

このイベントにはDMB PRODUCTIONと所縁の深いアクトが多数出演、ERAやPAYBACK BOYS、STRUGGLE FOR PRIDE、LOW VISION、DREADEYEなどがタフなパフォーマンスを見せてくれること間違いなしだろう。

Info

DMB PRODUCTION presents
“Da Morbid Ballaz”2018 12/2 (sun)
at EARTHDOM [ acts ]
ERA
BBVGC
DREADEYE
LOW VISION
PAYBACK BOYS
SLIGHT SLAPPERS
SHUT YOUR MOUTH
STRUGGLE FOR PRIDE

open : 17:30
start : 18:00

ticket
adv : 2500 yen + drink
door : 3000 yen + drink

Info : dmbproduction514@gmail.com

related

DMB PRODUCTIONからCOLIN TANIGUCHIによるTシャツとTEE-$HORTによるミックステープがリリース

DMB PRODUCTIONから、ベイエリアのアーティストColin TaniguchiによるイラストをフィーチャーしたTシャツとTEE-$HORTによるミックステープが7月17日にリリースされる。

DMB PRODUCTIONからBBVGCとPSYWARFAREによるノイズスプリットテープが登場

多岐にわたる活動を続けるDMB PRODUCTIONから、新作カセットテープが到着した。

テキサスの架空のレコードショップ「Dos personas, Muy Bien」をテーマにしたロングスリーブTシャツがDMB PRODUCTIONから発売

レコード好きのマニアから、最近レコードを買い始めた若者までが集い、ディガーたちの交流の場となっているテキサスのレコードショップ「Dos personas, Muy Bien」。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。