イ・ランのエッセイ集『悲しくてかっこいい人』の日本語版がリトル・モアから刊行

撮影:熊谷直子

シンガーソングライターをはじめ映像作家、コミック作家、エッセイストとして活躍するイ・ラン。韓国のグラミーともいわれる韓国大衆音楽賞 最優秀フォーク賞を昨年受賞したイ・ランが、2016年に韓国で発売し7刷のヒットとなったエッセイ集『悲しくてかっこいい人』の日本語版が、リトルモアより発売された。

ままならない日々の葛藤や疑問、生きることにつきものの、労働、孤独、 恋愛、退屈、自意識との戦い。本書は創作、社会との接点を通して、「いったい何者なのか?」と自分をみつめるイ・ランが日常を悲しみながら、あははと笑い飛ばす、洒脱なユーモアあふれるひとりごとエッセイとなっている。

もしかしたら、わたしは忘れられないために今も都会に暮らしているのかもしれない。不幸を歌い、その歌をわたしのような不幸な人たちに聴かせるために。(本文より)

翻訳は呉永雅(オ・ヨンア)、装幀は名久井直子が手がけている。

Info

悲しくてかっこいい人
イ・ラン著
11月16日発売予定
1800 円+税
●四六判、ソフトカバー、280 ページ、
翻訳=呉永雅(オ・ヨンア)/装幀=名久井直子

related

折坂悠太の新作『心理』のオンライン先行試聴会のトークゲストでbutajiとイ・ランが登場

折坂悠太が10/6(水)にリリースする新作『心理』をいち早く聴くことができるオンライン先行試聴会が、9/19(日)、9/20(祝・月)に開催される。

ハードコア・テクノのムーブメントに迫る書籍『ハードコア・テクノ・ガイドブック オールドスクール編』が発売

90年代初頭にドイツやアメリカを中心に巻き起こったハードコア・テクノのムーブメントに迫る書籍『ハードコア・テクノ・ガイドブック オールドスクール編』が7月12日に発売される。

イ・ランの新曲“ある名前を持った人の一日を想像してみる”と名曲“イムジン河”のカバーを収録した7インチシングルがリリース

韓国・ソウル生まれのシンガーソングライターであり、文筆家、イラストレーター、映像作家などさまざまな肩書をもつイ・ラン。実直かつ誠実な表現で支持を集める彼女が、待望の新曲を収録した7インチシングルのリリースを発表した。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。