Kanye WestとKim Kardashianが、カリフォルニアを襲った山火事から自宅と近所の人々を守るために消防士を雇う

先週発生したカリフォルニア州の山火事は、44名の犠牲者を出すなど同州で過去最悪の被害を記録した。多くのセレブが在住するマリブ地区も被害に遭ったため自宅を失ったミュージシャンや俳優も存在する中、Kanye WestとKim Kardashian夫妻が自宅と近所の人々を守るために消防士を雇っていたことが明らかになった。

TMZが報じるところによると、山火事はKanye夫妻の邸宅がある丘の上まで迫り、もしもKanye宅にまで火が燃え移れば近隣の家にまで火が燃え広がってしまうという危険な状態にあったという。そこで、Kanyeは自らの手で民間の消防士を雇い、速やかに消火活動を進めたことで6000万ドル(約70億円)の自宅と近隣住民を守ることに成功した。KanyeとKimと子どもたち、そしてKardashian家の面々も全員無事に避難出来たようだ。

North is always a mood 😂

Kim Kardashian Westさん(@kimkardashian)がシェアした投稿 -

トランプ大統領はこの山火事を受けて「カリフォルニア州の粗末な森林管理が原因」という問題発言を行い、現在消防士を始めとする現場に関わった人々からの猛反発を受けている。ついこの前までトランプ大統領の熱烈な支持を表明していたKanyeが、大統領のこの対応を見てどのように考えたかも気になるところである。

RELATED

Kanye Westの教会を建てるアイデアにKim Kardashianも協力的なことが明らかに

先日、Kanye Westが自身の教会を設立することを計画しているとの報道があった。Coachellaでのパフォーマンスも話題となった「Sunday Service」など宗教的な面を近頃は多く見せているものの首をかしげざるを得ないこのアイデアだが、Kanyeだけでなく彼の妻であるKim Kardashianも教会設立に前向きであるようだ。

Kanye Westが自身の教会を設立か?

Coachellaでの圧巻のライブパフォーマンスが記憶にも新しいKanye Westだが、そんな彼が自身の教会を設立するのではないかと、今週発売されたPeople誌にて伝えられている。

Kanye WestがCoachellaの「Sunday Service」セットで新曲“Water”を披露

アメリカで現在開催されているCoachella 2019。その中で今日行われたKanye Westの「Sunday Service」セットでのライブが大きな話題を呼んでいる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。