SALUと韓国のJa Mezzによるコラボチューン"Pink is the New Black"のミュージックビデオ

SALUと韓国のレーベルGRANDLINE Entertainmentに所属するアーティストのJa Mezzによる、お互いへのをリスペクトを元にコラボ曲"Pink is the New Black"制作、本日ミュージックビデオを公開した。

Ja Mezzがこよなく愛するピンク・パンサーをテーマにしたこの楽曲。韓国のAugust Frogsが制作したミュージックビデオも全体のイメージをピンクで統一し楽曲のコンセプトをしっかりと伝えている。楽曲のプロデュースはnoisemasterminsuと編曲でDakshoodが参加している。

Info

発売日:2018.11.14 (web)

価格:¥200- (税込)/ 単曲

発売元:GRANDLINE ENTERTAINMENT, lute

・iTunes Japan

https://itunes.apple.com/us/album/1440442136?app=itunes

・Spotify Japan

https://open.spotify.com/album/0wlN77ox5kV6FUxNuFVudp

・Apple Music Japan

https://itunes.apple.com/us/album/1440442136?mt=1&app=music

related

【インタビュー】SALU|ふて腐れた性根を変えるため、自分と向き合ってラップする

SALUは、トラウマとなっていた自らの過去を2019年リリースのアルバム『GIFTED』で解放した。翌20年に単独公演『SALU THE LIVE 2019→2020 “GIFTED”』を東阪で実施。さらに、その後4月からクラブツアー「ZERO TOUR」を開催する予定だったが、新型コロナの影響で...

Kvi Babaが来週EP『Toge ni Bara』をリリース | SALUも参加

Kvi Babaが今年4月から行っている4ヶ月連続リリース企画のラスト、第4弾となるEP『Toge ni Bara』を7/30(金)にリリースする。

SALUとELIONEによるコラボユニットが1stシングル"Chillin’"をリリース

兼ねてより親交の深かったSALUとELIONEがコラボユニットSALU x ELIONEが結成し、本日1stシングル"Chillin’"をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。