6ix9ine、Nicki Minaj、Kanye WestのコラボMVの撮影費用に5500万円をつぎ込む

今年、さんざん世間を騒がせてきた3人のラッパーがついにコラボを果たす。

その3人のラッパーというのが6ix9ine、Nicki Minaj、Kanye Westである。6ix9ineは周知の通り、これまで強盗や銃撃事件など数々のトラブルに巻き込まれてきた。そしてNicki Minajといえば、今年発表した自身のニューアルバム『Queen』を巡ってCardi Bを筆頭に様々なラッパー達とバトルを繰り広げ、物議を醸したのは記憶に新しい。Kanyeは今年怒濤のリリースラッシュを皮切りに、トランプ大統領への支持表明やホワイトハウス訪問など政治の世界に介入したために、ファン達だけでなく多くの人々の反感を買ってしまった。

そんな3人が一堂に会して、曲を作ったというのだから話題性は抜群なわけだが、MVにも相当力を入れているようだ。関係者の1人からの情報では6ix9ineの所属するレーベルUniversal Music Groupはこの楽曲のMV撮影にあたって、これまで48万ドル(約5000万円)もの金額をつぎ込んでいるとTMZが伝えている。

なぜこんなにも法外な額になっているかというと、撮影に使用する邸宅のインテリアや窓、床などを6ix9ineのイメージカラーである虹色にカラーリングしているのが大きな要因なようだ。

そして、すでに48万ドル(約5500万円)もの費用がかかっているこのMVに更なる費用がかかる可能性が出てきてしまった。

先週火曜日、6ix9ineとKanyeはMV撮影のためにビバリーヒルズのとある邸宅を訪れていたのだが、その邸宅が銃撃を受けたのだ。

TMZが入手した防犯カメラの映像には、2台の車とともにやってきた2人の人物が邸宅に向けて、発砲している様子が写っている。

そして、発砲された銃弾のうちの1つが、Nickiが控え室として使用する予定だった部屋に到達したものの、幸運にもその時彼女はその部屋にいなかったとのこと。6ix9ineとKanye Westの2人も無事だったようだ。

 

今回、銃撃によって損傷を受けてしまったため、修復の費用がさらにかかることになってしまったわけだがこんな大金がつぎ込まれたMVはどのような内容になっているのだろうか。

RELATED

6ix9ineの元恋人が父の日に彼をディスするコントを公開

昨年に複数の罪で逮捕され、減刑のためにギャング仲間の余罪を警察に密告したことで大きく株を下げた6ix9ine。そんな彼の元恋人であり彼との子供も持つ女性が、父の日にアップした動画が話題となっている。

6ix9ineたちによるChief Keef銃撃事件の実行犯が容疑を認める

複数の罪で逮捕され、減刑のために自身が所属するギャングのメンバーの罪を警察に密告したことが批判されている6ix9ine。そんな彼と昨年ビーフをしていたChief Keefがニューヨークのホテルで銃撃を受けた事件で実行犯として逮捕されていた6ix9ineの仲間であるラッパーKooda Bが、自身の容疑を認めたことが明らかになった。

Kanye WestがNetflixの人気番組『デヴィッド・レターマン 今日のゲストは大スター』に出演 | #MeToo やトランプ大統領についても語る

先日、「#MeTooのせいで男性社会が恐怖に晒されている」との発言が報道され物議を醸したKanye West。そんな中、先の発言を行った場であるインタビュー番組『デヴィッド・レターマン 今日のゲストは大スター』のシーズン2がNetflixで配信されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。