ギャラリー月極でcobirdによる個展『時と場合』を開催

東京・目黒にあるギャラリー月極で、11/16(金)からアーティストのcobird(コバード)による東京では初の個展『時と場合』が開催となる。

今夏、台湾・高雄にて『Pier-2ArtCenter』のレジデンスプログラムに参加したcobird。このプログラムでcobirdは、今までのメインメディアであるコラージュワークを継続しつつ、その素材の為にサイアノタイプ(青写真)という暗室を使用せず、太陽の光だけで紙に定着できる原始的な写真技法を利用し屋外撮影を敢行した。

帰国後もこのレジデンス研修成果をもとに 「時間」と「空間」そして「意識」というキーワードを核にサイアノタイプをベースにした様々な作品制作を行ってきた。本展でもGooglemapを利用し、撮影場所を実在の台湾・高雄市の同じ座標に限定した作品「時と場合」や、歴史的事件やスポーツのルールに存在する限定された時間を利用し、同じ時間だけ露光作業をおこなった作品「2つの73秒」などの新作を中心に発表する。

Info

 

cobird Solo Exhibition
TITLE : 
「時と場合」

会期日程:
11/16(
)12/7()12:00-20:00 会期中無休
レセプション11/17()17:00-
レセプションをギャラリー月極にて開催致しますのでご都合宜しければ皆様お誘いの上お越しくださいませ。
場所:
@
ギャラリー月極
東京都目黒区東山3-12-4 第二東邦ビルB1F

 

related

UNDERCOVERやGAPなどに作品を提供してきたアーティストanccoによる個展『MILK LAND』がCALM&PUNK GALLERYにて開催

国内外で活躍しているアーティストanccoが10月17日(土)より個展『MILK LAND』をCALM&PUNK GALLERYにて開催する。 anccoはUNDERCOVERやGAP、水原希子がプロデュースするブランドOKなど、さまざまなファッションブランドに作品を提供し、またカナ...

Blooming Indigoは描いて自分を知る

彼女は想像以上にクセになる女性だった。作品が放つ彼女の奥行きの深さは、このインタビューを通じて本物だったのだと実感する。主にグラフィティやラッパーの人物像を描き、活動の場を増やしているBlooming Indigo。その魅力に迫る。

Black Lives Matterの認知拡大を目的にしたAwich主宰のエキシビジョン『Unity』が開催 | BlackEyePatch、GUCCIMAZE、UTOPIE (Kosuke Kawamura × YOSHIROTTEN)などが参加

Awichが主宰するアートエキシビジョンBlack Lives Matter Charity Exhibition『Unity』が9/26(土)と9/27(日)の2日間限定で、原宿のGallery COMMONで開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。