Talib KweliがKanye Westに「一緒に作っていたアルバムを完成させよう」と呼びかける

昨日、政治から距離を取り創作に専念することをTwitterにて宣言したKanye West。それを受けて、ベテランラッパーのTalib KweliがKanye Westと共に制作していたアルバムの存在を明かし、アルバムを一緒に完成させることを呼びかけている。

Talib Kweliは昨日10月31日、自身のInstagramにKanye Westへ宛てたメッセージの動画を公開。動画ではKanyeが作ったと思われるビートの上でTalib Kweliが「この曲を覚えてるか?今年の一月にこれを作り始めたよな」と呼びかけ、未公開の新曲をラップ。「俺たちは多様性、カーニバルや祭りを歓迎する、金のことしか考えなければ哲学は殺されるんだ」「ナチがもう居ないって言ってる奴は、それをシャーロッツビルで殺された女性に言ってみろよ」というリリックはTalib Kweliらしい非常にコンシャスなもので、最近までのKanyeの路線とは正反対とも言える。

動画のキャプションには「俺とKanyeは今年の一月にアルバムを一緒に作り始めた。その月、Candace Owensが俺をTwitterで攻撃してきて、彼女のフォロワーは俺をニガーだの猿だのと呼び続けた。なあYe、今があのアルバムを完成させる時なんじゃないか?リリックはマジでタイムリーだ。いつでも帰ってこい、歓迎するよ」と綴られている。Kanyeは右派コメンテーターのCandese Owensの「Blexit」キャンペーンのグッズのデザインを手掛けたとされていたが、本人は自身が直接関わったことを否定している。彼女に攻撃を受けたTalib Kweliは、KanyeとCandeseとの間にトラブルが発生している今だからこそアルバムを共にリリースすべきだと考えたようだ。

つい最近までは右派に接近していたKanyeが今年の1月頃にはTalib Kweliとアルバムを作っていたとは驚きだが、そのような節操の無さこそがKanyeのKanyeたる所以とも言えるだろう。いずれにせよ、動画でTalib Kweliが披露していた楽曲を聴く限り彼らのコラボレーションアルバムには非常に期待できそうだ。今後のKanyeとTalib Kweliの動きにも目が離せない。

RELATED

Kanye WestがCoachellaの「Sunday Service」セットで新曲“Water”を披露

アメリカで現在開催されているCoachella 2019。その中で今日行われたKanye Westの「Sunday Service」セットでのライブが大きな話題を呼んでいる。

Kanye Westの人物像や音楽性に迫る書籍『カニエ・ウェスト論』が6月に刊行|一部を独占先行公開

Kanye Westのキャリアや作品、人物像に迫る書籍『カニエ・ウェスト論――《マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー》から読み解く奇才の肖像』が、DU Booksから6月8日に邦訳・刊行される。

Kim Kardashianが「Kanye Westのベビーシッターをすることにもう疲れた」と発言

2013年に結婚して以来、紆余曲折を経ながらも共に支えあってきたKanye WestとKim Kardashianの夫婦。仲の良さで知られる二人だが今回、Kim KardashianがいよいよKanye Westの周辺で巻き起こるトラブルに疲れた様子を見せている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。