徳利が12月にリリース予定の1stアルバムから"DOWN"を公開

福岡生まれのラッパーで、2012年にリリースした"徳利からの手紙"がカルトヒットとなった徳利。先日ミュージックビデオが公開された粗悪ビーツの"Elaiza feat.徳利"に続き、"DOWN"をリリースした。

昨年リリースしたEPFDH』以来となるニューシングルは、森光光子がプロデュースした。激しいディストーションがかったLil Peep以降のサウンドの上で、「ダウン、何着買うんすか」と繰り返す徳利の狂気的なフロウが耳に残る。ミキシングエンジニアはPSBが務めた。

なお徳利は2018年の暮れにデビューアルバムを発表予定とのことだ。

related

古着探訪 Vol.1|徳利

近年若年層を中心に古着ブームが再来している。服好きにとって古着は元々親しみのあるものだが、最近では「安さ」や「個性」などを求めた古着需要が高まり、古着屋の店舗も増加の一途を辿っている。 FNMNLでは、そんな古着にフォーカスを当てた企画を遂行。古着が好きなアーティストやクリエイターに、行きつ...

全員匿名のコンピレーションアルバム『empty hours』第一弾に徳利や柴田(パソコン音楽クラブ)らが参加

現在徳利のYouTubeチャンネル『徳利TV』のディレクターなどで活動するドーナッツ 梶が編纂したコンピレーションアルバム『empty hours』 の第一弾が、今年最後のbandcamp fridayである2020年12月4日にリリースされた。

【リレーコラム】新型コロナウイルスと私たちの生活 by 徳利|REVO!REVO!REVOLUTION!

新型コロナウイルスに置ける情勢下、人々の生活が目まぐるしく変化している現在。クラブやライブハウスのみならず、アーティストを含め音楽シーン全体が様々な影響を受けているのは明白な事実である。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。