外苑前にリソグラフ印刷スタジオを併設したギャラリー&ショップFL田SHがオープン

東京・外苑前に企画展示と展示に関連したアイテムやセレクトした出版物などを扱うギャラリー&ショップFL田SHが8月にオープンし注目を集めている。FL田SHにはアーティストの高田光が運営するリソグラフ印刷スタジオも併設していて、現在はアーティスト石毛健太、BIENによる企画展『SCAN THE WORLD stage:COLLECTIVE BEHAVIOR』が10/28(日)まで開催中だ。

現在開催中の『SCAN THE WORLD』は、ポータブルのスキャナーを持って街へ出て、様々な表面を記録してくるというプロジェクト。床に敷き詰められたタイルの表面、ペンキが剥がれたビルの壁、落書きだらけの標識といった「街の破片」を、スキャニングによってCGモデリングの素材に使われる画像データのように、「平たい画像」データとして保存する。

画像にバグが起きること自体を目的とした制約が課された、このプロジェクトでは街の風景を平面でフラットなデータに変換するという行為と、街の風景に「奇妙な行動」によってノイズを起こすという行為が両立する。

スキャニングという行為を通して街を再発見していく1つの遊びであり、そして同時に時代と共に消えていってしまう街の風景を、手触りある記憶として残していく営みとなっている。今回の展覧会では、ハンディスキャナーをアーティスト達から借り、実際に鑑賞者もスキャンに参加することができ、個人個人の記憶の集積を残すことができる。

Info

会期 / 10月12日(金) - 10月28(日)
時間 / 水.木.金 18-20pm 土.日 14-20pm
会場 / FL田SH 150-0001 東京都渋谷区神宮前3-38-11 原宿ロイヤルビル302
イベント / オープニングパーティー10月12日 18-22pm
トークイベントSIDE CORE x STW(BIEN & 石毛健太) 10月28日(日)

 

related

ゲームのバグをテーマにしたアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が開催

東京在住のアーティスト岡田舜の個展『under/stand』が、幡ヶ谷のgallery communeで5/28(金)から開催される。

アーティストユニットMESによる個展『DISTANCE OF RESISTANCE/抵抗の距離』が代々木TOHにて開催

渋谷Contactの「ソーシャルディスタンスアート」を手がけたことも話題を呼ぶなど活躍をみせる新井健と谷川果菜絵によるアーティストデュオMESが、4年ぶりとなる個展『DISTANCE OF RESISTANCE/抵抗の距離』を代々木のアートスペースTOHにて開催する。

グラフィックデザイナーのD.O.X.によるプロジェクト「CAUSE AND EFFECT」のアーカイヴ展がgallery communeで開催

自身でもブランドを運営し、また国内外のブランドへのグラフィック提供や数多くのユニットとしても活動する東京在住のグラフィックデザイナーD.O.X.。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。