Chance The RapperがKanye Westとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』について語る

先月、Kanye WestがChance The Rapperとのコラボプロジェクト『Good Ass Job』を作っていると明言して以降、ファンの期待は高まる一方で、詳しい情報などは未だ明らかにはなっていない。

そんな中、Chance The RapperがTim Westwoodのインタビューに登場。
『Good Ass Job』について語っている。

遡ること2ヶ月前、Kanyeは『Good Ass Job』の制作のために、自身の地元シカゴに戻ってきていた。

このKanyeの帰還についてChanceは、「Yeは音楽を作るためだけにシカゴに戻ってきたわけじゃない。Kanyeは自身のルーツと自分自身を再びつなぐために戻ってきたんだ」と語り、続けて、
「彼が(シカゴに)とどまり続ければ続けるほど、多くのつながりが生まれ、多くの再会が生まれるんだ」とKanyeは自身のつながりの為にシカゴに戻ってきたことを明かした。
そして、Chanceは『Good Ass Job』について、「俺は『Good Ass Job』っていうプロジェクトを担当しているわけだけど、その全てにおいて良い仕事をしたいと思ってるよ」とやる気を見せた。

また、彼は、先日Kanyeが『Saturday Night Live』終了後に、トランプ大統領支持を表明するスピーチを行ったことに対しても意見を述べている。

「Kanyeはシカゴで音楽制作が出来るし、シカゴの為にGood Ass Jobが出来る。だけど、俺が思うに、俺たちは自分自身の為にGood Ass JobをしているKanyeと仕事をすることを優先するべきなんだ。彼が理解していないであろう全ての力学を理解するようにね」とKanyeを助けていくべきだと語った。

そして、Chanceは「物事を2つの側面から学習し、記憶することは私たちのシカゴでの仕事をやりやすくするものなんだ」と締めくくっている。ラッパーだけでなく多くのアーティストが、Kanyeに対して批判的な姿勢をとっている中、ChanceはKanyeを擁護するというよりはある意味心配しているような姿勢を見せた。これも彼の性格の良さからくるものなのだろう。

このインタビューでもやはり、『Good Ass Job』に関する詳しい情報は明らかにならなかったものの、Kanyeのニューアルバム『YANDHI』について、「俺が言えるのはあれは素晴らしいってことだけだ。あれは『Good Ass Job』よりも先にリリースされると思うよ」とすでに音源を聴いたことを明かしている。Chanceが『YANDHI』に参加しているかは不明だが、期待が高まる発言だ。Kanye自身は『YANDHI』に関してアフリカでレコーディングを行うため、リリースは11/23(金)になると語っていたが、首を長くして待つしかない。

また、ChanceはChildish Gambinoとのコラボプロジェクトも長らくリリースが待たれているが、このプロジェクトについては
「彼(Gambino)はこれは長期的なプロジェクトになると言っていたけど、完成までそんなに時間はかからなそうだよ」ともうすぐ出来上がることをほのめかしている。

これらに加えて、自身のソロプロジェクトも制作中の彼はとても忙しいのだろうが、どうか体に気をつけて素晴らしい作品を我々に届けてほしい。

related

Frank Ocean、Kendrick Lamar、Kanye Westなどの楽曲が使用される映画『WAVES/ウェイブス』の予告編が公開

『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など次々と話題作を発表して、ハリウッドに新風を吹き込む映画制作会社のA24。

Kanye Westが自身の過去のアルコール依存について語る

昨年は、新作『Jesus Is King』のリリースなど良くも悪くも話題を振りまき続けたKanye West。そんな彼が自身の過去のアルコール依存との闘いについて語った。

係争中のKanye WestとEMIが和解に至らず再び裁判に

今年の始めより、かつての所属レーベルEMIに対して訴訟を起こしていたKanye West。今回、そんな両者の裁判が和解に失敗したことが報じられた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。