AwichがInstagram Liveで新曲を解禁 | EPの詳細を発表

ダブルEPのリリースと自身初のワンマンツアーをアナウンスしたAwichが、自身のInstagram Liveの配信で新曲を解禁、EPの詳細を公開した。

前作『8』同様、今作もChaki Zulu トータル・プロデュースで、『Beat』と『Heart』の対照的な2枚のEPを10/10(水)に同時リリースする。

『Beat』は、プロデューサーにフランス人DJ/プロデューサーSam Tiba、客演に同じく YENTOWNのkZmを迎えた、ねぶた祭りにインスパイアされた和旋律の笛の音と和太鼓のビートを用いた"NEBUTA"や、EGO-WRAPPIN'の代表曲"色彩のブルース"をオフィシャルでサンプリングした"紙飛行機"など4曲を収録している。

『Heart』も4曲収録で、R&Bやビートミュージックが基調となっていて、ラブソングの"Love Me Up"や、"Pressure"、SOIL&"PIMP"SESSIONSの丈青が美しいピアノのアレンジを担当した"Fade Away"、 さらにJhene Aikoなどの楽曲も担うLeJKeysプロデュースの"If She Cries"となる。

KEITA SUZUKIが手掛けたジャケットデザイン同様に、優しく、そして力強い二面性を現したEPリリースを心待ちにしたい。

Info

“Beat”
1. So What (Prod. Chaki Zulu)
2. NEBUTA ft. kZm (Prod. Sam Tiba)
3. Long Time (Prod. B.O Beatz & Chaki Zulu) 4. 紙飛行機 (Prod. Chaki Zulu)

“Heart”
1. Love Me Up (Prod. Chaki Zulu) 2. Pressure (Prod. Chaki Zulu)
3. Fade Away (Prod. Chaki Zulu) 4. If She Cries (Prod. LeJKeys)
Executive Producer: Chaki Zulu | Artwork: KEITA SUZUKI | Label : YENTOWN / bpm tokyo

▶Double EP Release Tour 2018
2018 年 11 月 2 日(金) @福岡 天神 EARLY BELIEVERS
2018 年 11 月 9 日(金) @大阪 梅田 Shangri-La
2018 年 11 月 16 日(金) @北海道 札幌 BESSIE HALL 2018年11月23日(金) @東京 渋谷 WWW X
2018年12月1日(土) @沖縄 桜坂 セントラル
※ 各プレイガイドにて前売りチケット発売中
※ 沖縄公演のみ10/20~前売り発売開始)
出演:Awich | 時間:19 時開場/19 時 30 分開演 | 料金:前売 3500 円+D 企画/制作:日本コロムビア | 協力:シブヤテレビジョン / bpm tokyo

related

国内最大規模のヒップホップフェスティバル『POP YOURS 2023』がヘッドライナーの¥ellow Bucks、Awichをはじめ全29組のアーティストを第一弾出演者として発表

昨年初開催したヒップホップフェスティバル『POP YOURS』が2023年も5月27日(土)と5月28日(日)の2日間、千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールで開催される。

AwichがKEIJUと共に『THE FIRST TAKE』に登場 | Chaki Zuluによる新アレンジで"Remember"を披露

Awichが人気YouTubeコンテンツ『THE FIRST TAKE』に出演、KEIJUと共にヒット曲"Remember"を披露する。

Awichが全国5都市を巡る『THE ROAD TO ARENA Japan Tour』を来年開催

Awichが来年4月から全国5都市を巡る『THE ROAD TO ARENA Japan Tour』を開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。