DELTAが波佐見焼の「BARBAR」とコラボコレクションを発表

DELTAことBoris Tellegen(ボリス・テレゲン)と、⻑崎⼯芸品波佐⾒焼「BARBAR」のコラボ作品のコレクション、『BARBAR × Boris Tellegen』POPUP SHOPを9/22(土)から9/24(月祝)まで開催する。

Boris Tellegen

ガンダムから影響を受けたアムステルダムアートの御⼤DELTAことBoris Tellegenが、⻑崎⼯芸品波佐⾒焼「BARBAR」とのコラボを発表した。⼯場を持たない陶磁器メーカー「BARBAR」や「HASAMI」を⼿掛ける、有限会社マルヒロのデザイナーであり代表の⾺場匡平と、もともとはグラフィティアーティストとして活躍し、今は現代アーティストとして注目を集めるBoris Tellegenが惹かれ合ってこのコラボが実現。2015年から2年の構想期間を経た、伝統⼯芸とアートが交わった作品コレクションとなっている。

今回のコラボは「ブルー」「ホワイト」「トラディショナル」がコンセプト。ガンダムの影響を受けたBorisが拘り抜いてイメージしたフラワーベースや、彼のお家元である⽂字が彫られたタイルのデザインが特徴である。

商品名:BARBAR × Boris Tellegen VASE COLOR:写真左からHakuji, Seiji, Ruri, Cobalt 価格:各30,000円(税抜) サイズ:W8×H30cm
(左)商品名:BARBAR × Boris Tellegen VASE COLOR:Kindei < Limited color > 価格:50,000円(税抜) サイズ:W8×H30cm (右)商品名:BARBAR × Boris Tellegen TOY COLOR:Kindei < Limited color > 価格:15,000円(税抜) サイズ:W3×D4.5cm×H15cm

9/22(土)から9/24(月祝)まで、ギャラリーCOMMONにて開催される『BARBAR × Boris Tellegen』コレクションのポップアップショップでは、Borisが⼿掛けた⼀点ものの作品13点や、商品12種類を展⽰・販売。また、ギャラリー内にマルヒロポップアップストアも登場し、HASAMI・BARBARの⼈気商品や、初お⽬⾒えの新商品を多数販売されるとのこと。

期間中は、子供から⼤⼈まで楽しめる波佐⾒焼の転写シールワークショップも開催され、アートや焼き物に気軽に触れ、楽しめるイベントとなっている。

 

POP UP SHOP詳細

■レセプションパーティー:9⽉21⽇(⾦) 18:00〜21:00(どなたでも⼊場可能)

■会期:2018年9⽉22⽇(⼟)〜24⽇(⽉祝) いずれも12:00〜19:00 (最終⽇は18:00まで)

■場所:COMMON(〒150-0001 東京都渋⾕区神宮前6-12-9 1F)

http://www.gallerycommon.com/

 

 

related

クエンティン・タランティーノにも影響を与えた漫画家・上村一夫の展示が代官山蔦屋書店で開催

45歳という若さで亡くなりながら『修羅雪姫』や『同棲時代』などの作品で名を残す漫画家の上村一夫の生誕80周年プロジェクトとして、アートエキシビジョン『manazashi』が代官山蔦屋書店にて7/24(金)から開催される。

Koji Yamaguchiによる個展『見えている、見えていない』がSALT AND PEPPERで開催中

NYから日本に活動の拠点を移したアーティストKoji Yamaguchiが、個展『見えている、見えていない』を東京・恵比寿のSALT AND PEPPERで開催中だ。

グループ展『GLOBAL POP UNDERGROUND』がPARCO MUSEUM TOKYOにて開催

渋谷の現代アートギャラリーNANZUKAのキュレーションによるグループ展『GLOBAL POP UNDERGROUND』がPARCO MUSEUM TOKYOにて、7月4日(土)から7月26日(日)の間、開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。