曽我部恵一が劇伴を手がけた映画『止められるか、俺たちを』のサントラがリリース決定

『孤狼の血』の白石和彌が監督を務め、門脇麦と井浦新が主演し、映画監督・若松孝二と若松プロダクションの在りし日々を描いた青春群像劇『止められるか、俺たちを』が、10/13(土)より公開される。

門脇麦が助監督・吉積めぐみを、井浦新が若松孝二を演じる映画は1969年から71年にかけての若松プロダクションを助監督・吉積めぐみの目を通して描いた青春群像劇。「これは自分自身の話でもある」と白石監督自身が言うように、何者かになることを夢みた誰もが感じたことのある、全てが輝いて世界の扉が開くような昂揚感と、自分だけが取り残されていくようなそこはかとない不安が描かれていく。

また生前の若松孝二と交流もあり、若松作品を敬愛する曽我部恵一が担当した本作のサウンドトラックが公開日にリリース決定した。

門脇麦による虚ろな歌声で幕をあけるこのサントラには、書き下ろしの主題歌「なんだっけ?」をはじめ、ジャズやガレージサイケ、GS歌謡、アンビエントなど、退廃的かつ情熱的な美しさを纏った劇中音楽23曲を収録している。

Info

曽我部恵一
『「止められるか、俺たちを」オリジナル・サウンド・トラック』
2018年10月13日(土)発売
CD ¥2,200+税 ROSE229
LP ¥2,800+税 ROSE229X 限定プレス
ROSE RECORDS
<収録曲>
01 母のない子のように〜LullabyOF FŪTEN〜 歌・門脇麦
02 母のない子のように〜LullabyOF FŪTEN〜 in JAZZ
03 止められるか、俺たちを メインテーマ
04 監督登場
05 処女ゲバゲバ〜星のしっぽはなぜはえた〜 歌・タモト清嵐
06 白い船の思い出 歌・渚よう子
07 ゴールデン街の窓
08 性と暴力そして
09 ギター・ラグ
10 処女の条件
11 SMOOTH JAZZ
12 名前のない朝に 歌・中村ジョー
13 新宿・夜
14 ケンカのテーマ
15 ママ ぼく でかける 歌・タモト清嵐
16 めぐみの朝
17 愛のテーマ
18 ORGAN JAZZ
19 めぐみのテーマ
20 美枝子とめぐみ
21 フィードバック・ロマンチック・ギター
22 想い
23 なんだっけ? 歌・曽我部恵一

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。