Kanye Westが2024年の大統領選に立候補するプランを改めて語り、自身の作る新党の名称候補を発表

先週、シカゴのラジオ局WGCIのインタビュー番組に登場したKanye Westが「奴隷制は選択だった」との発言について謝罪を行なったことはFNMNLでも伝えた。同インタビューでは他にもDrakeとPusha Tとのビーフなど様々なトピックについて語っていたKanyeだが、更に以前より宣言している大統領選に出馬するプランを改めて明かした。

Kanyeの大統領になりたいという野望は3年前にまで遡る。彼は2015年のVMAに出演した際に「2020年の大統領選に出馬する」との宣言を突如として行い世間を騒がせた訳だが、今回のインタビューでも「まだ大統領になろうと思っているのか」という質問に対して「真剣に考えている。2024年には100%立候補するだろう」と回答している。

Kanyeは自身が作る予定の新しい政党の名前も考えたようで、「The Birthday Party」という名前を発表している。インタビューによると彼の政策はヘルスケアに重きを置いたものになるそうで、「俺は医療産業をもっと繁栄させていくつもりだ」とのことだ。

Kanyeの大統領になるという長年の夢が実現する日は来るのだろうか?しかし、アメリカの大統領にはKanyeやトランプと比べてもう少し安定した人物になってもらいたいものだ。

RELATED

Kanye Westが11月末に『Nebuchadnezzar』と題されたオペラを上演

先月末にリリースされたアルバム『JESUS IS KING』も大きな話題を呼んだKanye West。キリストへの信仰をテーマにしたイベント「Sunday Service」を定期的に開催するなどこれまでとは違った活動を精力的に続ける彼が、新たな試みとしてなんとオペラを始めるようだ。

Kim KardashianがKanye Westに文句を言われたことでMet Galaの衣装から偽物の乳首を外したことを明かす

先日、Kanye WestがMet Galaに出席した際に妻のKim Kardashianに「服がセクシーすぎる」と文句をつけていたことが報じられた。今回、Kim Kardashianが自身の口からその一件について語り話題を呼んでいる。

Kanye Westがトークショーで「2024年の大統領選に出馬する」と発言した際に笑った観客に対し「何がおかしいんだ」と凄む

先月末にニューアルバム『JESUS IS KING』をリリースし大きな話題を呼んだKanye West。以前より大統領選への出馬に意欲を示していたことでも知られる彼が、改めて政治への進出に真剣な気持ちであることを強調したようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。