Kanye Westが2020年の大統領選挙について語る。「おれは政治的な考えは持っていない。あるのは人間についての考えだけだ」

ドナルド・トランプ大統領誕生の陰で、2020年の大統領選挙への立候補が噂されているのがKanye Westだ。ありえないと言われたトランプ大統領の誕生で、さらにありえないKanye Westが大統領になったとしても、いいんじゃないかというムードが大統領選挙の直後に高まったのだ。

 

Kanyeは2015年のMTV Video Music Awardsの授賞式で、初めて2020年の大統領選挙に立候補したいという意思を表明したが、そのときのことについて、BBCのインタビューで振り返っている。

「おれが初めて大統領になろうとしたとき、おれはどんな政治的な視点についても語っていない。おれは政治的な考え方は持っていない。あるのは人間性について、人々について、そして真実についての意見だ。おれが生きている間に、おれにできることがあり、どうにかして他の人と違いを作れるのだとしたら、おれは全力でやるよ」と具体的な政策はないにせよ、大統領選挙への出馬の意思はあると話した。

KanyeのBBCでのフルインタビューは本日公開される予定だ。

RELATED

ファッション誌ViViが自民党とのコラボキャンペーンをスタートするも多くの批判が寄せられる

講談社が発行する人気女性ファッション雑誌ViViがWeb上で展開しているあるキャンペーンが話題となっている。

Kanye WestがNetflixの人気番組『デヴィッド・レターマン 今日のゲストは大スター』に出演 | #MeToo やトランプ大統領についても語る

先日、「#MeTooのせいで男性社会が恐怖に晒されている」との発言が報道され物議を醸したKanye West。そんな中、先の発言を行った場であるインタビュー番組『デヴィッド・レターマン 今日のゲストは大スター』のシーズン2がNetflixで配信されている。

Kanye Westが「#MeTooのせいで男性社会が恐怖に晒されている」と発言

昨年よりトランプ大統領の支持を表明し、「ヒラリー・クリントンの政策には男性として共感できない」と女性蔑視的な意見を披露したことで失望を広めたKanye West。そんな彼が、またもや物議を醸しそうな発言を行っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。