Trippie ReddがKanye Westにシカゴに新しい病院を建てるために3000万ドルを寄付してほしいと語る

先日、ニューアルバム『Life's a Trip』をリリースしたTrippie Reddがロサンゼルスのラジオ番組Power 106に出演。シカゴ出身のアーティストがなぜ地元にもっと貢献しないのか疑問を投げかけた。

Reddは直近のライブでシカゴに行った時の話をしていた際に、シカゴの病院事情に触れ「シカゴには病院がたった1つしかないんだよ。だから撃たれたとしてもそこに行くしかない。つまり、病院まで40分かかる場所で撃たれたとしたら、治療を受けるまで40分もかかることになる」と現状を明かした。
そして彼はシカゴ出身のアーティストの中でKanyeを引き合いに出し、「シカゴからは沢山の有名なアーティストが誕生しているよね。これはKanyeをディスしようと思って言っているんじゃないんだけど、俺はKanyeが好きだしね。でもKanyeはシカゴに愛情を見せるべきだ。新しい病院を建てるためにシカゴに30ミリオンドル(約30億円)寄付するべきだ」とKanyeにシカゴの支援を求めた。

確かにシカゴというとアメリカのなかでも特に治安が悪いと言われている地域であり、Chiraq(Chicago+Iraq)という造語もあるくらいだ。
しかし、Chance The RapperはSocial Worksというチャリティ団体を作り、地元シカゴに多大な貢献をしている。
同じシカゴ出身のラッパーG Herboに彼はKanyeやJordanよりもシカゴに貢献していると言わしめるほどだ。

だが、逆に考えると、Chanceくらいしか地元に貢献しているアーティストがいないのがシカゴの現状なのかもしれない。いずれにせよ、もしReddの語ったことが本当なら、Kanyeでなくても誰かしらが早急に病院を増やすべきなのは言うまでもないだろう。

RELATED

Chaka Khanが自身の楽曲をサンプリングしたKanye Westの“Through The Wire”を「馬鹿みたいだと思っていた」と明かす

Kanye Westの歴史的な名作となった1stアルバム『The Collage Dropout』。その中でもかなりのヒットを記録したシングル“Through The Wire”にはChaka Khanの名曲“Through The Fire”がサンプリングされているが、Chaka Khanが同曲を...

Ronny JがKanye Westとの『Yandhi』セッションについて明かす

昨年より製作中であることがアナウンスされながらも、未だリリースは未定となっているKanye Westの新作『Yandhi』。その制作に参加しているというプロデューサーのRonny Jが、Kanyeとのセッションの詳細を明かしている。   ...

Kanye Westの愛娘Northちゃんが「ラッパーになりたい」と発言

Kanye WestとKim Kardashian夫妻の間に生まれ、Kanyeから溺愛されていることで知られるNorthちゃん。現在6歳の彼女には、様々な将来の夢があるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。