Zaytovenが当初Futureを良いアーティストと思っていなかったことを明かす

先月リリースされた『Beastmode 2』でストリーミングオンリーのアルバムとして過去最高のセールスを記録するなど、今や盤石の地位を築いているFutureとZaytovenのタッグ。二人の間には確固たる信頼関係があるように見えるが、Zaytovenが当初Futureを良いアーティストと思っていなかったということを明かしている。

Red Bullの記事に登場したZaytovenは、かつて自身がプロデュースしたRockoの曲の中のFutureのヴァースを削除したことについて「俺は彼を良いと思っていなかったんだ」と語った。当時彼はFutureを「短命で終わるだろう」と考えていたようで、Futureのスタイルをあまり気に入っていなかったことが窺える。しかし、Futureの2014年のアルバム『Honest』がリリースされた後にZaytovenが彼のビートを手がけることとなり、後の『Beast Mode』シリーズの原型が出来上がっていったという。

インタビューによると、FutureはZaytovenのビートに求められるラップのスタイルを目指していくことを宣言しており、それらのコミュニケーションの結果『Beast Mode』が高いクオリティーを持った作品に仕上がったのだそうだ。

『Beast Mode』シリーズはZaytovenのプロデュース力と彼の要求について行くことの出来るFutureの高いスキルがあってこその物だということがよく分かるニュースであった。

related

Futureが「トラップをポップミュージックに押し上げたのは俺だ」と主張

先週金曜日にニューアルバム『High Off Life』をリリースしたFuture。そんな彼が、トラップミュージックに自身がもたらした功績を自ら主張し話題を呼んでいる。

FutureがJuice WRLDの死について「まだ心を痛めている」と語る

昨年12月に21歳の若さにして命を落としたJuice WRLD。そんな彼とコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしていたFutureが、インタビューにて彼の死について語っている。

FutureとDrakeのコラボ曲“Life Is Good”のMVが公開

先日よりコラボプロジェクトが予告されていたFutureとDrakeの二人が、コラボ曲“Life is Good”をリリース。同時にMVも公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。