Playboi Cartiがリスペクトを公言するFrank Oceanと5曲をレコーディングしたと明かす

5月にはデビューアルバム『Die Lit』をサプライズリリースし、また88risingのアルバム『Head in The Clouds』にも参加したPlayboi Cartiが、Frank Oceanと共に5曲もの新曲をレコーディングしたことを明かした。

ラジオ番組『The Cruz Show』のインタビューにて、Cartiは「Frank Oceanは最高だよ。俺は一ヶ月ほど前にニューヨークで彼と一緒に仕事をして、5曲ぐらい作ったんだ」と語っている。

以前からFrank Oceanへのリスペクトを公言しており、過去には『blonde』に収録された”Nights”の制作に立ち会っていたという彼だが、いよいよ本格的にコラボレーションした作品が発表されるのだろうか。

Frank Oceanは作品をリリースするペースが不規則なことで知られており、Cartiとの曲がドロップされるのは当分先のことになるとの予想がなされている。インタビュアーのCruzに「曲はどこにあるのか」と尋ねられたCartiは「Frankが持ってる。彼はFrank Oceanだから、自分が動きたいときに動くんだよ」とコメントしており、曲を発表するタイミングがFrank Oceanに委ねられていることが伺える。

昨年の始めにもCartiのInstagramにはFrank Oceanとのセッションの様子がアップロードされていたが、結局その曲がリリースされることは無かった。

彼はFaderのインタビューにおいてもFrank Oceanについて尋ねられており、そこでも同様に「彼は本当に才能があるよ。彼は全てをスタジオの中でやって、楽器やらを使って本当によく働くんだ。イかれてるよ。彼は俺に新しいスタイルを見せてくれたんだ。俺たちが作った曲はマジでやばかったけど、みんながそれを聴けるのかは分からない」と、Frank Oceanへの熱いリスペクトと曲が世に出るかどうか分からないことを語っている。

Playboi Cartiにとって念願のFrank Oceanとのコラボレーション曲がリリースされるのかどうかは不明だが、是非とも聴いてみたいものだ。

related

Frank Oceanの母親が『Channel Orange』と『Blonde』のどちらが好きか選ぶ

以前Frank Oceanがインタビューで夜間のスキンケアの重要性を説いた際に「日焼け止めを忘れてるよ」と指摘するなど、かなり強いキャラクターを持っていると思われる彼の母親。そんな彼女が、息子の作品の中でお気に入りのアルバムや楽曲について語っている。

Playboi Cartiが新作をリリースしなかったことでファンは荒れ、Lil Uzi Vertは煽る

今週月曜、待望の新作『Whole Lotta Red』をリリースすると予告していたPlayboi Carti。先週には先行シングル“@Meh”がリリースされたためファンの間にも期待が広がっていたが、実際には『Whole Lotta Red』は現在に至るまでリリースされずにいる。その結果、Playboi CartiとLil Uzi Vertのファンの間で疑問の声が多く上がっているようだ。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。