Nasの『Nasir』のカバーアートとトラックがThe Architectから剽窃したものである可能性が浮上

6月にKanye Westがプロデュースした5作品の内の一つとして発表されたNasのアルバム『Nasir』。同作のカバーアートとトラックが他のプロデューサーからの剽窃ではないか、との疑惑が持ち上がっている。

『Nasir』のカバーアートはフォトジャーナリストMary Ellen Markが撮影したもので、Nasはこの写真を「子供たちは俺たちの未来だ」というキャプションをつけて紹介していたが、実はその4日前に同じ写真をアートワークに使用したアルバムがリリースされていたのである。

ラッパーNowaah the Floodのアルバム『Trill Life Mathematics』はプロデユーサーのThe Architectがプロデュースしたもので、編集などは異なるものの殆ど同じデザインであることがわかる。

『Trill Life Mathematics』をプロデュースしたThe Architectは初期のStones Throw Recordsなどでも活動していたベテランのプロデューサーで、CoolioやPlanet Asiaのトラックを手がけるなど、西海岸を代表するプロデューサーの一人である。
彼は昨年10月に『The Architect×Nasty Nas』というNasのクラシックを非公式にリミックスするというアルバムをBandcampにて発表している。同アルバムに収録された”No Idea’s Original”のトラックは、『Nasir』のリスナーにとって非常に聴き覚えがあるように感じられるはずだ。

このトラックはイランのミュージシャンKourosh Yaghmaeiの”Gole Yakh”という曲をサンプリングして作られたものだが、なんと『Nasir』の6曲目”Adam and Eve”に全く同じサンプルが使用されているのである。

もちろん”Adam and Eve”はKanye Westがプロデュースしたものとされており、The Architectの名前はクレジットされていない。

The ArchitectはComplexのインタビューにおいて今回の件に関するコメントを発表している。

「『Nasir』とよく似たアートワークを使用したアルバムをリリースしていたが、あの写真はどうやって見つけたのか」と尋ねられた彼は、「Nowaah the Floodが持ってきたんだ。彼はダラス出身で、あの写真もダラスで撮影されたものだから、使うには十分な理由があった。写真にもう少し手を加えようと思って、暗くして少しだけスパイスを加えた。それで、アルバムをBandcampにアップロードしたのが6月10日だ。『Nasir』がリリースされる4日前だよ」とコメントしている。

また、彼は「”No Ideas Original”のトラックに使用したサンプルはどのようにして見つけたのか」という質問に対して「レコード箱をディグして見つけたんだ。俺のトラックメイキングの基礎だよ。他のプロデューサーがあのサンプルを使っているのは聴いたことがない」と答え、「リミックスアルバムの存在をNasは知っていたのか」という質問には「全くそんな気配はなかった。俺はアルバムをプロモートしようとNasやMass AppealにTwitterでリプライを送ったんだが、十分な反応は得られなかったんだ」と、アルバムを作ったことは報告したもののNas側からのリアクションが無かったことを明かした。

The Architectは今回の件について、「偉大な思考は同じような物になっていくとは思うが、ここまで一致するのは奇妙だと思う。Nowaah the FloodはMass Appealと仕事をしていたし、Nasたちが彼のことを知らなかったとは思えない。それでも俺たちはアンダーグラウンドで活動していて、使った素材はインターネットから取ったものだから俺たちの物だと言うことは出来ない。俺は人を攻めることが嫌いだし、悪い感情は無いよ」と、Nas側に対して抗議をする意思は無いとしている。

偶然と呼ぶには余りに無理があるこれらの類似だが、この件に関して今後NasやKanyeがコメントすることはあるのだろうか?

RELATED

Young ThugがKanye Westに『Jesus Is King』に自身のバースがあるか確認をとる

先週金曜日の9月27日にリリースされる予定だったKanye Westのニューアルバム『Jesus Is King』。アメリカの各地でリスニングパーティは行われたようだが、結局アルバム自体はリリースされずじまいとなってしまっている中、Young Thugが自身の参加した楽曲は『Jesus Is King』に収録されているのか、Kanyeに質問を行っている。

Kanye Westのお蔵入りとなった作品『Yandhi』の一部がiTunesに着メロとして非公式にアップロード

昨年よりリリースがアナウンスされていたKanye Westの新作『Yandhi』は、今年8月末に妻であるKim Kardashianが自身のTwitter上で発表した新作『Jesus Is King』の登場によってお蔵入りとなった事が予想されていた。

ニューアルバム『Jesus Is King』のリリースを控えた(?)Kanye Westが「もうゴスペルしか作らない」と宣言

昨年より『Yandhi』なる新作をアナウンスしていながらも紆余曲折を経てお蔵入りとなり、今回は『Jesus Is King』と題された新作をリリースすると予告しているKanye West。当初予定されていた9月27日(金)からリリース日を2日遅らせ、昨日9月29日(日)にリリースされると発表されたものの、一向にドロップされる気配が見られずファンも心配になっている現状だが、そんな中彼が自身の音楽をゴスペル一本に絞って行くことを宣言した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。