Nasのニューアルバム『Nasir』のカバーアートに隠された歴史

Kanye Westが5月から6月にかけてリリースする5作品のうちの4作品目であるNasのニューアルバム『Nasir』が、本日リリースされた。

このアルバムのカバーアートについてNasがTwitterにある投稿を行っている。

Nasは自身のTwitterでこのカバーアートを「この子供達は俺らの未来だ」という言葉とともにシェアしているが、このジャケットにはどのような意味が隠されているのだろうか。Complexがこのカバーアートに隠された歴史を紐解いている

レンガの壁の前に5人の少年が並んでおり、頭の上に手をあげている。1人の少年はおもちゃのロボットを持ち、おそらくおもちゃの銃であろうものを持っている少年が2人いるのがわかる。この写真は著名なフォトジャーナリストであるMary Ellen Markが撮影したもので、1988年に公開された『The War Zone』という記事に使われている。

この記事はJim Atkinsonという1人の記者が、ドラッグ、暴力そして貧困が日常的になっているサウスダラスのある地域に住む恵まれない人々を調査したものである。

“「0年前まではここは労働者が住む地域だった。だが、今では犯罪者達がこの地域を支配している。」とAtkinsonは書いている。そして、「子供達は警察を見て遊びを学び、売春婦たちは子供の生活を支えるために働き、そして親子は命がけでともに暮らそうとしている。」と地域の現状を綴っている。

Markの写真はこの記事以外にも世界中のギャラリーや展示会で展示されてきた。さらにRolling Stone誌やThe New York Timesなどの有名誌にも使われたこともある。そんな彼女は2015年に75歳でこの世を去っている。

Nasはこの写真を使うことで、Markの業績を讃えるとともに、アメリカにはいまだこのような現状があり、未来でもそれは変わらないということを伝えたかったのかもしれない。

RELATED

Young ThugがKanye Westに『Jesus Is King』に自身のバースがあるか確認をとる

先週金曜日の9月27日にリリースされる予定だったKanye Westのニューアルバム『Jesus Is King』。アメリカの各地でリスニングパーティは行われたようだが、結局アルバム自体はリリースされずじまいとなってしまっている中、Young Thugが自身の参加した楽曲は『Jesus Is King』に収録されているのか、Kanyeに質問を行っている。

Kanye Westのお蔵入りとなった作品『Yandhi』の一部がiTunesに着メロとして非公式にアップロード

昨年よりリリースがアナウンスされていたKanye Westの新作『Yandhi』は、今年8月末に妻であるKim Kardashianが自身のTwitter上で発表した新作『Jesus Is King』の登場によってお蔵入りとなった事が予想されていた。

ニューアルバム『Jesus Is King』のリリースを控えた(?)Kanye Westが「もうゴスペルしか作らない」と宣言

昨年より『Yandhi』なる新作をアナウンスしていながらも紆余曲折を経てお蔵入りとなり、今回は『Jesus Is King』と題された新作をリリースすると予告しているKanye West。当初予定されていた9月27日(金)からリリース日を2日遅らせ、昨日9月29日(日)にリリースされると発表されたものの、一向にドロップされる気配が見られずファンも心配になっている現状だが、そんな中彼が自身の音楽をゴスペル一本に絞って行くことを宣言した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。