Nasのニューアルバム『Nasir』のカバーアートに隠された歴史

Kanye Westが5月から6月にかけてリリースする5作品のうちの4作品目であるNasのニューアルバム『Nasir』が、本日リリースされた。

このアルバムのカバーアートについてNasがTwitterにある投稿を行っている。

Nasは自身のTwitterでこのカバーアートを「この子供達は俺らの未来だ」という言葉とともにシェアしているが、このジャケットにはどのような意味が隠されているのだろうか。Complexがこのカバーアートに隠された歴史を紐解いている

レンガの壁の前に5人の少年が並んでおり、頭の上に手をあげている。1人の少年はおもちゃのロボットを持ち、おそらくおもちゃの銃であろうものを持っている少年が2人いるのがわかる。この写真は著名なフォトジャーナリストであるMary Ellen Markが撮影したもので、1988年に公開された『The War Zone』という記事に使われている。

この記事はJim Atkinsonという1人の記者が、ドラッグ、暴力そして貧困が日常的になっているサウスダラスのある地域に住む恵まれない人々を調査したものである。

“「0年前まではここは労働者が住む地域だった。だが、今では犯罪者達がこの地域を支配している。」とAtkinsonは書いている。そして、「子供達は警察を見て遊びを学び、売春婦たちは子供の生活を支えるために働き、そして親子は命がけでともに暮らそうとしている。」と地域の現状を綴っている。

Markの写真はこの記事以外にも世界中のギャラリーや展示会で展示されてきた。さらにRolling Stone誌やThe New York Timesなどの有名誌にも使われたこともある。そんな彼女は2015年に75歳でこの世を去っている。

Nasはこの写真を使うことで、Markの業績を讃えるとともに、アメリカにはいまだこのような現状があり、未来でもそれは変わらないということを伝えたかったのかもしれない。

RELATED

Kanye WestがNetflixの人気番組『デヴィッド・レターマン 今日のゲストは大スター』に出演 | #MeToo やトランプ大統領についても語る

先日、「#MeTooのせいで男性社会が恐怖に晒されている」との発言が報道され物議を醸したKanye West。そんな中、先の発言を行った場であるインタビュー番組『デヴィッド・レターマン 今日のゲストは大スター』のシーズン2がNetflixで配信されている。

Kanye Westが「#MeTooのせいで男性社会が恐怖に晒されている」と発言

昨年よりトランプ大統領の支持を表明し、「ヒラリー・クリントンの政策には男性として共感できない」と女性蔑視的な意見を披露したことで失望を広めたKanye West。そんな彼が、またもや物議を醸しそうな発言を行っている。

Kanye Westの教会を建てるアイデアにKim Kardashianも協力的なことが明らかに

先日、Kanye Westが自身の教会を設立することを計画しているとの報道があった。Coachellaでのパフォーマンスも話題となった「Sunday Service」など宗教的な面を近頃は多く見せているものの首をかしげざるを得ないこのアイデアだが、Kanyeだけでなく彼の妻であるKim Kardashianも教会設立に前向きであるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。