Lil Yachtyが10人の友達とシェアハウスで暮らしていると明かす

Lil Yachtyはデビューしてから、着実にラッパーとしてのキャリアを歩み、今ではアメリカを代表する若手ラッパーの1人となったといっても過言ではないだろう。
しかし、リスナー達は忘れているかもしれないが、そんな彼もいまだ20歳の1人の若者なのだ。

Lil YachtyはBig Boyがホストを務める『Big Boy TV』に出演し、自身の生い立ち、そしてスターになるまでの道のりについて語っている。

インタビューのなかで彼は、今、中学校や高校の友達10人とシェアハウスしていることを明かした。そのことについてYachtyは、「俺は友達と生きていかなければならないんだ」と述べ、その理由について聞かれると、
「ひとりぼっちになりたくないんだ」と現代の若者らしい一面を覗かせた。Yachtyが言うには、彼が学生時代の友達といるときは、業界の友達といるときとは違って、自分がLil Yachtyだということを忘れられるとのこと。

Big Boyはそれ以上掘り下げることはしなかったが、弱冠20歳にして沢山のライブやレコーディング、メディアへの露出で多忙な彼にとって、学生時代の気を遣わなくて済む友達が貴重な存在であることは間違いない。

一昔前のラッパー達が孤高の存在であることを重要視していたのとは対照的に、Yachtyのひとりぼっちになりたくないという考え方は現代のラップシーンを表していると言えるだろう。

RELATED

Lil Yachtyが高級レストランのメニューが気に入らずUber Eatsでマクドナルドをその場でオーダー

Lil Yachtyといえばデビュー当時はピザしか食べないとのたまうなど、偏食家として知られているが、高級レストランといえども彼の舌を満足させるのは中々に困難なようだ。

Lil Yachtyが「City Girlsの“Act Up”のリリックを書いたのは俺だ」と明かす

ラップのリリックを他のラッパーに書いてもらうことは、賛否両論あるもののそう珍しいことではない。今回、Lil YachtyがCity Girlsのヒット曲“Act Up”の歌詞を「俺が書いた」と主張していることが話題となっている。

Lil YachtyがBhad Bhabieの誕生日に5万3000ドルのチェーンをプレゼントする

独特のキャラクターとその若さで注目を集めたフィメールラッパーBhad Bhabie。その16歳の誕生日に、Lil Yachtyが驚くべきプレゼントを贈った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。