ノルウェーのシンガーソングライターBoy Pabloの来日公演が決定

ノルウェーのインディーSSWであるBoy Pabloの初来日公演が11月に決定した。

Boy Pabloはノルウェーのベルゲン出身の19歳で、2017年YouTubeにアップロードしたMV ”Everytime”がYouTubeのおすすめ動画として頻繁に表示されたことから注目を集め、バイラルヒットとなった。

YouTubeをコンスタントにチェックしている人なら、彼がVOXの水色のティアドロップギターを抱えているサムネイルを一度は見かけたことがあるだろう。

Mac DeMarcoやHomeshakeを思わせるローファイかつポップな音楽性、そしてポストVaporwaveのインターネット的なビジュアルセンスを持ち合わせている彼は”Losing You”、”ur phone”などのMVを次々と発表し、その知名度はますます上がりつつある。

そんなBoy Pabloの昨年リリースされたデビューEP『Roy Pablo』のCD化が決定し、8月8日(水)にフィジカルリリースを果たす。それを受けて、彼にとって初のアジアツアーが行われることとなった。

link in bio!! ASIAAA TOOUUURRR

BOY PABLOさん(@soypablo777)がシェアした投稿 -

Boy Pabloの来日公演は11/14(水)、渋谷TSUTAYA O-NESTにて開催される。ライブは彼のクラスメイトであったGabriel(G)、Fredrik(B)、Erik(Key)、Sigurd(Dr)の四人を加えた五人編成で行われるという。
現在世界中でフレッシュな注目を集めている彼は、日本でどんなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。チケットはこちらから申し込みが可能だ。

http://www.dum-dum.tv/html/topic77.html

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。