Tay-Kが新たな裁判を起こされていたことが発覚

現在、複数の強盗事件に関わったとして、裁判の真っ只中である18歳のラッパーTay-Kが今度は不法死亡(ある人物の過失などから生じた死亡事故に対して、故人の家族またはそれに値する人が責任を求める訴訟)で訴えられていたのがわかった。

Tay-Kを訴えたのはLucia Saldavirさんで、2017年4月にサンアントニオのファーストフード店の外で射殺されたMark Anthony Saldavirさんの母親である。Luciaさんはこの訴訟でTay-Kに対して100万ドル(約1億円)の賠償金を請求している。

ABC KSAT 12 Newsは、Tay-Kはこの事件でMarkさんの所持品だったカメラを奪った後、銃撃したと報じている。カメラを盗まれたMarkさんがTay-Kの車のボンネットに飛び乗ったところ、Tay-KがMarkさんを銃で撃ったという。

Tay-Kがまだ17歳だったため、これまで警察はこの事件の詳細を明かしてこなかったが今月の16日にTay-Kは18歳になったので、詳細が公表されたというわけだ。

前述したように、Tay−Kは今、数々の事件の容疑者として裁判を行っているが、ここにきて新たな事件に関わったとして訴えられてしまった。

 

RELATED

裁判にかけられているTay-Kが成人としての扱いで判決を受けることが明らかに

2016年に起こした複数の強盗殺人事件の裁判で55年の服役刑という判決を下されたTay-K。彼は現在別の殺人事件の裁判でテキサス州に輸送されており、そちらの裁判では少年としての扱いではなく成人として法律が適用されることが明らかとなった。

Tay-Kのヒット曲“The Race”が彼の有罪判決における証拠として使われたことが明らかに

昨日、殺人罪で服役55年という判決を受けたラッパーのTay-K。ついに裁判の判決が出たことに加え、懲役55年という重い判決が下されたことでネット上では大きな話題となっているが、そんな中、この判決の証拠にTay-K自身のヒット曲である“The Race”が使用されたことが明らかになった。

Tay-Kが2016年に起こした殺人罪で55年の服役の判決を受ける

"The Race"などのヒット曲で知られるラッパーのTay-Kが、2016年のEthan Walkerさんへの殺人罪で55年の服役の判決を受けた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。