Kanye WestとTIDALが『The Life Of Pablo』のリリースを巡って訴えられる

Kanye Westといえばツイートによってこれまでも様々なトラブルを引き起こしてきたが、今回彼のツイートが法的なトラブルにまで発展してしまった。

Kanyeの2016年のアルバム『The Life Of Pablo』はストリーミングサービス上でリリースされ、その内容がリリース後も変わっていくという斬新な手法がとられていることでも知られているが、同作は当初Jay-ZのストリーミングサービスであるTIDAL限定でのリリースになると発表されていた。

TwitterにてKanyeは「Appleでは絶対に聴けないし、そしてこのアルバムは発売されない。みんなはTIDALだけでこのアルバムをゲットできる。」と発言していた。しかしそれから6週間後、アルバムはSpotifyやApple Musicなど他のストリーミングサービスでも配信され、TIDALのエクスクルーシブではなくなってしまった。

結局どのサービスでも聴けることとなった『The Life Of Pablo』だが、Kanyeのツイートを信用してTIDALに登録した利用者もいたという。

その中の一人であるJustin Baker-Rhettさんは、この件について弁護士を通して2016年に民事訴訟を起こし、Kanye側は「アルバムが違う歌詞、違うアレンジで複数回アップデートされ、リミックスされていたため、TIDAL限定でリリースされたものと他のストリーミングサービス上にあるものは全く同じ作品というわけではない」という理屈で訴えを退けようとしたという。

しかし裁判所は「West氏の主張は極めて脆いもので、訴えを退けられるものではない」と判断したため裁判は未だつづいているという。原告であるBaker-Rhetの弁護士はPitchforkの取材に対し「被告はこの件から逃れるためのいくつかの主張をしていたが、裁判所は我々の議論の核となる『これは消費者に対する詐欺である』という主張の方を受理した」と自らの見解を語っている。弁護士は加えてこの裁判が国家規模のものになる可能性も示唆している。

自らの軽はずみなツイートが大きな裁判になるとはKanyeも予想していなかっただろう。大ごとになってしまったこの問題だが、これからどのような方向に転がっていくのだろうか。

related

パリのセレクトショップCOLETTEの最後の日々を追ったドキュメンタリー映画が公開|Kanye WestやPharrell Williams、Futura 2000も出演

2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『COLETTE(コレット)』の、閉店までの日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』の日本公開が9月26日(土)に決定した。

Kanye Westが自身初となる大統領選の集会を開くも物議を醸す結果に|奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの功績を否定し非難を浴びる

様々な批判や騒動を巻き起こしながら、紆余曲折を経て正式に大統領候補となったKanye West。そんな彼が立候補後初となる集会を開いたが、そこでの発言がまたもや物議を醸している。

Kanye Westが大統領選出馬のための書類を提出し正式にオクラホマ州で大統領候補に登録

先日、新党「The Birthday Party」を立ち上げ今年の大統領選への出馬を宣言したKanye West。Forbesのインタビューにて人工妊娠中絶とワクチンの撤廃を呼びかけ非難を浴び、また手続きの都合で今年の出馬は取りやめとなることが報じられたが、なんとその後書類を提出しオクラホマ州の正式な大統領候補となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。