XXXTentacionの追悼式に集まったファンが暴徒化し警察が催涙弾を発射

地元フロリダで銃撃を受け亡くなったXXXTentacion。熱狂的な彼のファンが集ったLAでの追悼式で、参加者が暴徒化し警察が催涙弾を発射する事態になった。

この追悼式はXXXTentacionのことを取り上げてきた人気ポッドキャストNo Jumperの主宰者Adam 22が呼びかけ、LAのメルローズにある彼の運営するショップの外で開催された。

Adam 22の「XXXTentacionを好きだったやつは来てくれ」という呼びかけに応えたのは、なんと1000人以上の人々。

道路を占拠する形となってしまった参加者たちの一部はモッシュを行い、また別の集団は建物の屋上に上りダイブを敢行するなど次第に暴徒化していったとLA Timesが伝えている

さらに参加者は無関係の車の屋根によじのぼり、群がるなど危険な状態に。元々道路の占有許可なども取られていなかったこの追悼式に、通報を受けた警察が暴れる参加者を解散させるために催涙弾やペッパーガスなども使用したという。

またBillboardによればXXXTentacionから暴行を受けた元ガールフレンドのGeneva Ayalaさんは、追悼式に参加しようとしたが、ファンから追い出されたと述べている

警察の出動により参加者たちは午後10時にはほぼいなくなり、幸い逮捕者も出なかったということだ。

related

XXXTentacionの短く壮絶な生涯を描く評伝『ぜんぶ間違ってやれ──XXXテンタシオン・アゲインスト・ザ・ワールド』が刊行 | 著者は『くたばれインターネット』のジャレット・コベック

2015年にリリースした"Look At Me!"で注目を集めて、一躍人気ラッパーのポジションに躍り出るも、恋人への監禁・暴行や強盗などで逮捕・収監され、2018年に地元フロリダで銃撃され、わずか20歳でこの世を去ったXXXTentacion。

故XXXTentacionの殺害現場となった車が展示されていることが大きな批判を浴びる

昨年6月に銃撃によって命を落としたXXXTentacion。その死から一年以上が経過した現在でも多くのファンに愛され、先日は最後のニューアルバム『Bad Vibes Forever』が発売された。そんな中、フロリダで現在行われている一つの展示が問題となっている。

2020年の大統領選に向けた公式プレイリストにXXXTentacionを入れた大統領候補が批判を浴びる

2020年に行われるアメリカ大統領選挙。アメリカでは選挙の候補者がそれぞれのキャンペーンプレイリストを発表することが一般的だが、その中にXXXTentacionの楽曲を入れた議員が批判を浴びてしまった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。