KANDYTOWNのMASATO & MinnesotahによるBlue NoteオフィシャルミックスCDの詳細が発表

KANDYTOWNのDJ MASATOとMinnesotahによるBlue NoteオフィシャルミックスCD『KANDYTOWN LIFE presents “Good Old Soul –Love and New Note” mixed by MASATO & Minnesotah』のアートワークと収録楽曲が公開された。

「夏に合うような、ひたすら気持ち良いアルバムにしたかった」というMASATOとMinnesotahの言葉通り、70年代のBlue Noteを代表するアーティストのトラックから、Robert GlasperやChris Dave& The Drum HeadsなどモダンなBlue Noteサウンドの中心的アーティストまで、およそ半世紀の間にブルーノートからリリースされた楽曲が収録となった。

アートワークは、Blue Noteのクラシックなイメージと、夏を感じさせるグリーンが合わさった爽やかな仕上がり。

ジャケット写真『KANDYTOWN LIFE presents “Good Old Soul –Love and New Note” mixed by MASATO & Minnesotah』

さらに今作にはMASATO、Minnesotahと、現在進行形の人気ジャズ・ガイド・ブック『Jazz The New Chapter』シリーズや、2010年代のためのマイルス・デイヴィス・ガイド『MILES: Reimagined』 の監修者であり、音楽ライターの柳樂光隆がBlue Noteを語る対談もライナーノーツとして収録される。

Info

『KANDYTOWN LIFE presents “Good Old Soul –Love and New Note” mixed by MASATO & Minnesotah』

発売日:2018年7月25日(水)

価格:2,808円(税込)

品番:UCCU-1575

CD購入はこちら

https://store.universal-music.co.jp/product/uccu1575/

<収録曲目>

1. New York Times / Bobbi Humphrey

2. You Make Me Feel So Good / Bobbi Humphrey

3. Tuesday Heartbreak / Ronnie Foster

4. Friends & Strangers / Ronnie Laws

5. My Life Is So Blue / Alphonse Mouzon

6. Down Hear On The Ground (Remix) / Grant Green & Dianne Leaves

7. Afro Blue / Robert Glasper Experiment

8. Promise In Love / Takuya Kuroda

9. As / Gene Harris

10. Let's Keep It Together / Ronnie Laws

11. You And The Music / Donald Byrd

12. Think Twice / Donald Byrd

13. Black Hole feat. Anderson .Paak / Chris Dave & The Drumhedz

14. You're Welcome, Stop On By / Lou Donaldson

15. I Don't Know / Soulive

16. Feel Like Makin Love / Marlena Shaw

17. Lover to Lover / Maxi

18. Time After Time / Willie Bobo

19. Losalamitoslatinfunklovesong / Gene Harris

20. Written In Stone / Robert Glasper Experiment

21. Song For My Father / Madlib

22. Liberated Brother / Horace Silver

23. Novocaine Heart / Kandace Springs

24. Living Inside Your Love / Earl Klugh

RELATED

KANDYTOWNがクルーとしての2ndアルバムを今秋リリース | 東京・大阪でのZeppツアーも開催決定

ラッパー、DJ、トラックメイカー、アートディレクターなど総勢16名が所属するKANDYTOWNが、今秋にクルーとしては3年ぶりとなる2ndアルバムをリリースすると、渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催されたワンマンライブ『LOCAL CONNECTION』で発表した。

KANDYTOWNによるワンマンライヴが5月に開催決定 | 入手困難となっていた『BLAKK MOTEL』・『Kruise』付きの限定チケットも販売

YUSHIの命日である2/14(木)に、1年ぶりのEP『LOCAL SERVICE』をリリースしたKANDYTOWNが、5/3(金・祝)に渋谷TSUTAYA O-EASTにてワンマンライブを開催すると発表した。 本日より販売開始となったチケットには通常のチケットに加えて、長らく入手困難となって...

Gottzが2ndアルバム『SAKURAGAOKA』を来週緊急リリース

KANDYTOWNに所属するラッパーGottzの2ndアルバム『SAKURAGAOKA』が3月15日にリリースされることが、昨日渋谷HARLEMにて開催された1stアルバム『SOUTHPARK』リリースツアー・ファイナルにて発表となった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。