日本民謡をDJ目線で解釈するユニット俚謡山脈が監修した民謡シリーズ第3弾がリリース

日本民謡に新たな価値付けを行い、民謡愛好家だけでなく、これまで進んで民謡を聞くことが考えにくかった男女若年層~音楽ファン~クラブ層へとその魅力を伝えてきたDJユニット俚謡山脈が、監修した民謡シリーズ第3弾がem recordsからリリースされる。

日本で初めてレコードとなった八木節の源流にあたる木崎音頭にフォーカス。スタジオでEQ調整を間違えたか?と思わず耳を疑ってしまう歪んだ低音と、異様な残響に彩られたマッシヴなロウ・ビートが効いた楽曲に。今回は木崎音頭保存会の協力の下、盆踊りの夜の喧騒を閉じ込めた昭和55、56年の現地録音版をリマスターして収録。

そこに新しい試みとしてクラーク内藤による新録の木崎音頭を併せて収録、こちらは当世風のトラップ・ビートにスウィートなシンセを添えた現代版の木崎音頭となっている。

これは俚謡山脈がSoi48のパーティーで行っている「民謡をターンテーブルに乗せて爆音で鳴らす」という行為の延長でもあり「新しい民謡の楽しみ方」の提案だ。

Info

EM1179_Kizai_front_final_500

アーティスト:木崎音頭保存会/クラーク内藤

タイトル:木崎音頭
CD版
●カタログ番号:EM1179CD
●JAN コード:4560283211792
●フォーマット:CD
●定価:2300 円(税抜)
●発売予定日:8 月 8 日(親孝行の日、葉っぱの日)

LP版
●カタログ番号:EM1179LP ●JAN コード:4560283217794 ●フォーマット:12” LP ●定価:2500 円(税抜) ●発売予定日:9 月下旬
+ 解説/歌詞/貴重写真掲載 + 日本語・英語表記
お問い合わせ : info@emrecords.net www.emrecords.net

TRACKS

1. 木崎音頭 [1980] (7:40) 唄と演奏:木崎音頭保存会
2. 木崎音頭 =インスト= [1981] (5:02) 演奏:木崎音頭保存会
3. 木崎音頭 [2018] (5:48) 唄と演奏:クラーク内藤
4. 木崎音頭 =インスト= [2018] (5:48) 演奏:クラーク内藤

related

民謡DJデュオ俚謡山脈が監修するシリーズ最新作は東京の芸能「おしゃらく」

世界各国の音楽がプレイされるパーティー『Soi48』で、日本民謡をプレイするDJユニット俚謡山脈(りようさんみゃく)がEM Recordsで監修する民謡シリーズ最新作が登場。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。