Pusha Tが待望の新作『DAYTONA』をリリース | Kanye WestやRick Rossが参加

Pusha Tが前作『My Name Is My Name』以来となるニューアルバム『DAYTONA』をリリースした。

Kanye Westがプロデュースを務めている同作は、元々は『King Push』というタイトルで制作が進められていたが、直前になってタイトルを『DAYTONA』に変更。

その理由についてPusha Tは『King Push』というタイトルはこの作品の全体的なメッセージを表現していないから変更したと述べており、『DAYTONA』というタイトルにはラグジュアリーな時間をPusha Tが過ごしているという意味がこめられているという。彼はその時間は十分な知識を持っているときにだけ訪れると説明している。

またトラックリストとジャケットも公開されている。同作は事前の予告通り7曲を収録で、フィーチャリングにはRick RossとKanye Westが参加している。ジャケットは故Whitney Houstonが、ドラッグを使用していたと言われている自宅の浴室の写真が用いられており、Kanye Westはこの写真を使用するための権利を8万5000ドル支払って獲得したとPusha TはAngie Martinezとのインタビューで答えている。

related

Kanye Westが新たなインタビューでA$AP Rockyの釈放に向けて動いた経験とトランプ支持による批判を振り返る

昨年もアルバム『JESUS IS KING』をリリースする一方でトランプ大統領の支持を表明し続け物議を醸していたKanye West。そんな彼の新たなインタビューがWall Street Journalにて公開されている。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

Frank Ocean、Kendrick Lamar、Kanye Westなどの楽曲が使用される映画『WAVES/ウェイブス』の予告編が公開

『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など次々と話題作を発表して、ハリウッドに新風を吹き込む映画制作会社のA24。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。