Yo-SeaがHIYADAMをフィーチャーしたサマーチューン"Dreaming City"のミュージックビデオを公開

プロダクションチームBCDMGと契約を交わし、リリースしたデビューシングル"“I
think she is”が話題となっているYo-Seaが、多角的に活動しているHIYADAMをフィーチャーした"Dreaming City"のミュージックビデオを公開した。

その歌唱力の高さとセクシーなラッパーとしての魅力も兼備したYo-Seaと、モデルとしても活発に活動しているHIYADAMによるコラボチューン"Dreaming City"は、現在世界的なトレンドとなっているアフロスイングを取り入れたミニマルなメロウトラックとなっていて、2人のスムースなフロウを堪能できる1曲に。

"Dreaming City"は本日iTunesやApple Music、Spotifyなどでもリリースされている。

Info

DreamingCity

Yo-Sea “Dreaming City feat. HIYADAM"

related

AOTLによるコンピレーション『X-FACTOR』と『X-FACTOR 2 “Deluxe”』が限定アナログ化 | IOやKEIJU、Yo-Sea、Gottz、MUD、3Houseなどが参加

Yo-Sea、3House、HIYADAM、GOODMOODGOKUらを擁するエージェント/レーベル、AOTLが2018年にリリースしたコンピレーション『X-FACTOR』と2022年にリリースされた続編『X-FACTOR 2 “Deluxe”』がアナログでリリースされることになった。

Yo-SeaがDaichi Yamamotoをフィーチャーしたサマーチューン"Nana"をリリース

Yo-SeaがDaichi Yamamotoを客演に迎えたニュー・シングル"Nana"を本日7/8(金)にリリースした。

Jin DoggとTHE UNCLEがYo-Seaを迎えた新曲"Intro"をリリース

Jin DoggとSIBA & DJ RYO-TAによるプロデュースユニットTHE UNCLEがタッグを組んだ新曲"Intro"がリリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。