Ray Barbeeが初のバンド編成での日本ツアーを敢行へ

現役プロスケーターでもあるRay Barbeeが、2月にリリースした13年ぶりのアルバム『Tiara for Computer』を引っさげ、初のバンド編成での日本ツアーを行う。

Thomas Campbell、John Herndon(tortoise)、Tommy Guerrero、Josh Lippiなどが参加した今回のアルバムをリリース後のライブツアー。

Ray Barbeeはツアーについてこうコメントしている

「『Tiara for Computer』は、シンセサイザーを取り入れた作品だけど、そのアプローチをさらにライブで深めることなんだ。アルバムを制作した時の冒険的な精神をさらにライブでも見せたい。アルバムのインスピレーションになったのは、「シュギー・オーティスが『Inspiration Information』や『Freedom Flight』を制作した時にシンセサイザーを持っていたならどんな作品を作ったのだろうか?」という疑問だった。彼は、ドラムマシンをアルバムに取り入れた最初のアーティストの一人だった。タイトルの『Future Blues』は『過去と未来』を意味していて、過去と未来の音楽的要素を組み合わせている。アルバムをそのまま再現するのではなく、アルバムと同じアプローチでシンセサイザーを取り入れてライブをやりたいんだ」

またどのようなセット構成になるかについては、「勿論『Tiara for Computer』の曲も演奏するけど、過去の作品の曲もプレイするよ。自分の曲を再解釈して演奏する。"Future Blues" Japan Tourでは、アルバムでも使ったリミックス的アプローチを取り入れる。曲をその まま再現するわけではなくて、アルバムのスピリット、冒険精神をライヴで表現したいと思っている。今回はドラムがChuck Treece、ベースはJosh Lippiが演奏するんだけど、バンドとしてのケミストリーは素晴らしいよ」とコメントし、「かなり刺激的な冒険になるから、心の準備をしておいてね(笑)」と締めくくっている。

ツアーは7/20(金)の京都METROから、最終日となる7/26(木)東京・渋谷duoまで6公演行われる。

Info

Raybarbee_Tour

Ray Barbee "Future Blues" Japan Tour 2018 featuring Chuck Treece & Josh Lippi
7.20 [fri] METRO|KYOTO
Tel|075-752-4765
http://www.metro.ne.jp
7.21 [sat] CIRCUS OSAKA|OSAKA
Tel|06-6241-3822
http://circus-osaka.com
7.22 [sun] MANIER|KANAZAWA
IMART Tel|076-263-0112 CASPER Tel|076-232-5293 http://www.manier.co.jp
7.23 [mon] GIVE ME CHOCOLATE|NIIGATA
Tel|025-385-6303
http://givemechocolate.jp
7.24 [tue] troopcafe|KOBE
Tel|078-321-3130
http://troopcafe.jp
7.26 [thu] duo MUSIC EXCHANGE|TOKYO
TEL|03-5459-8716
http://www.duomusicexchange.com

related

Ray Barbeeの13年ぶりのセカンドアルバム『Tiara for Computer』のダイジェスト映像が到着

ストリートシーンにも大きな影響力をほこるプロスケーターのRay Barbeeが、13年ぶりとなるセカンドアルバム『Tiara for Computer』を、本日リリースした。

プロスケーター・Ray Barbeeによる13年ぶりのセカンドアルバムがリリース決定 | TortoiseのJohn HerndonやTommy Guerreroが参加

Ray Barbeeはミュージシャンでありフォトグラファー、さらに伝説的なスケートビデオにも出演しているストリートで大きな影響力持つ現役プロスケーター。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。