Kanye Westが奴隷制についてJohn Legendなどと意見を交わす

久々の新作のリリースを前にニュースが絶えないKanye West。彼なりの自由な思考を基に様々な事柄について発信を続ける彼だが、アメリカの奴隷制についてJohn Legendや、ラジオDJのCharlamagne tha Godと議論を交わしたことを明らかにした。

現在は削除されているTwitterへの投稿で、KanyeはSteveという人物とのテキストメッセージのやり取りをアップ。このSteveはComplexによれば実業家のSteve Stouteだと思われるが、彼はKanyeに対して、「奴隷を守ったリンカーン元大統領は共和党員であり、共和党は奴隷を守ってきた。民主党は逆に奴隷の主人を守った」とメッセージを送っている。この意見に感銘を受けたのかKanyeは、「これをツイートしよう」と返信している。

それに対して反論を行ったのがJohn LegendとCharlamagne tha Godだ。Steveの意見はKanyeを間違った方向に進ませるものだとして、1964年の公民権法は民主党のジョンソン大統領によって提出されており、共和党が奴隷を守り民主党が奴隷制に対して何もしていないと言うのは「バカだ」とCharlamagne tha Godは、Kanyeを諭している。

John Legendも「リンカーンは確かに共和党員だった」とその事実は認めつつも、ただ共和党は、その後奴隷制を推進してきた南部連合の党になってしまったことから目をそらしてはいけないと。提言している。

Kanyeはこの2人の意見が効いたのか、このツイートを削除しているが、やはり彼の自由な思考には危うい部分や付け込まれる部分がありそうだ。今後も注視したい。またKanyeは自身のウェブサイトに新曲"Ye vs. the People"メイキングムービーを公開している。

related

【レビュー】Kanye West 『DONDA』|ゴスペルの完成または..

度重なるプレリリースイベントを経て、Kanye Westが8月末にリリースした新作『DONDA』。Kanyeが最も愛した実母の名前を冠したこのアルバムは、幾度となくリリース予告がされていたこともあり重要な作品と目されており、リリースと同時に大きな反響を呼び、久しぶりの商業的な成功を彼に与えることに...

Kanye WestとGAPによるYEEZY GAPのラウンドジャケットの先行予約がスタート

Kanye WestとGAPによる話題のプロジェクトYEEZY GAPから、目玉アイテムとして発売前から話題になっていたラウンドジャケットのブラックの先行予約がスタートした。

Kanye WestのドキュメンタリーがNetflixに3000万ドルで購入される

アルバム『JESUS IS KING』以降まとまったリリースは無いながらも、昨年の大統領選やKim Kardashianとの離婚、GAPとのコラボレーションなど何かと話題の尽きないKanye West。そんな彼のドキュメンタリーが、Netflixに高額で買収されたことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。