高校生ラッパーMerry Deloの"Scooter"にDJ TY-KOHとKOWICHIが参加したリミックスのミュージックビデオが公開

兵庫・加古川の現役高校生ラッパーのMerry Deloが3月にリリースしていたミックステープ『INFERNO2』の収録曲"SCOOTER"に、新たにDJ TY-KOHとKOWICHIが参加したリミックスバージョンのミュージックビデオが公開された。

このリミックスバージョンはオリジナルとはビートが差し替えられていて、USの最先端のフロウを昇華しつつ、どこかユーモアのあるMerry Deloの軽快なラップが耳に残る楽曲になっている。

"Scooter"のリミックスバージョンはSpotifyなどでDJ TY-KOH名義でシングルリリースされている。

DJ TY-KOHはTwitterで昨年姫路でライブを見た際に、Merry Deloのライブに衝撃を受けて曲をやろうと頼んだと述べている。

またMerry Deloは今年の7月にすでに地元の加古川でワンマンライブを開催すると発表している。

related

Masayoshi Iimoriが4月に1stアルバム『DECADE4ALL』をリリース | gummyboy、TYOSiN、Merry Deloも参加

これまでにSkrillexやDiploなどトップDJ達が主宰するレーベルから数々の楽曲をリリースしている、日本のダンスミュージックシーンを代表するプロデューサー​Masayoshi Iimoriが、1stアルバム『DECADE4ALL』を4/22(水)にリリースする。

KOWICHIのワンマンライヴにT-PablowをはじめBAD HOPやFLY BOY RECORDS、交際中のMinamiも出演

およそ1年4ヶ月振りとなる地元CLUB CITTA’川崎でのワンマンライブを4/26(日)に開催するKOWICHIが、当日のゲスト勢を発表した。

KOWICHIが約1年4ヶ月ぶりとなるワンマンライブを開催

昨年7枚目のアルバム『YOMIURI』を発表し全国12ヶ所を回るツアーを行ったKOWICHI が、1/26(日)に開催された『YOMIURI TOUR 2020 -NEW YEARS EDITION-』ファンミーティングで、4/26(日)に地元CLUB CITTA’川崎でワンマンライブを開催する事を発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。