高校生ラッパーMerry Deloの"Scooter"にDJ TY-KOHとKOWICHIが参加したリミックスのミュージックビデオが公開

兵庫・加古川の現役高校生ラッパーのMerry Deloが3月にリリースしていたミックステープ『INFERNO2』の収録曲"SCOOTER"に、新たにDJ TY-KOHとKOWICHIが参加したリミックスバージョンのミュージックビデオが公開された。

このリミックスバージョンはオリジナルとはビートが差し替えられていて、USの最先端のフロウを昇華しつつ、どこかユーモアのあるMerry Deloの軽快なラップが耳に残る楽曲になっている。

"Scooter"のリミックスバージョンはSpotifyなどでDJ TY-KOH名義でシングルリリースされている。

DJ TY-KOHはTwitterで昨年姫路でライブを見た際に、Merry Deloのライブに衝撃を受けて曲をやろうと頼んだと述べている。

またMerry Deloは今年の7月にすでに地元の加古川でワンマンライブを開催すると発表している。

related

DJ KANJIが“Smash!!!”のリミックスを発表|関西を拠点とするJAGGLA、Merry Delo、TOFUが参加

DJ KANJIが、LEX、HIYADAM、Y'Sを客演に招き5月にリリースした"Smash!!!"のリミックスを発表した。

KOWICHIが自身のレーベルSELF MADEからサイファー映像“Selfmade Cypher”を公開|ビートはZOT on the WAVE

昨年末に最新アルバム『Higher』をリリースし、自身のレーベルSELF MADEの発足も発表した川崎市出身のラッパーKOWICHIが、Candee、SATORU、ERASER、Merry Deloの四名の気鋭MCを集めた豪華なサイファー映像“Selfmade Cypher”を新たに公開した。

KOWICHIがアルバム『Higher』を引っ提げた東名阪ツアーを開催 | 来場者にはデラックス盤をプレゼント

昨年、川崎CLUB CITTA’で予定していた久々のワンマンライブを、コロナの影響により中止に追い込まれたKOWICHIが『Higher Tour 2021』と題した東名阪ツアーを開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。