どのように前例のない屋外イベントができたのかのノウハウが詰まった書籍『あたらしい「路上」のつくり方』が刊行

現在日本でもイリーガルな形ではなく、公的機関の許可を取る形の新しい屋外イベントや、屋外での映画祭などが増加している。ではその先駆者たちは、どのように前例のない屋外イベントを開催に導いたのだろうか。

日本全国の地域プロジェクトにディレクターとして関わる影山裕樹が編著を手がけた、屋外イベントの作り方やアイディアのヒントをまとめた書籍『あたらしい「路上」のつくり方』が刊行される。

地域プランニングに実際にかかわるたくさんの人々と出会ってきた影山が、屋外イベント開催にあたり、一番の難関である行政の説得や住民の理解をどのように得るかなどのアイディアのヒントをまとめた。

さらに本書ではFNMNLでも取り上げている『Erection Block Party』などの音楽イベントや、大自然の中で野外上映を楽しむ『星空の映画祭』、公園で結婚式を開催する『Happy Outdoor Wedding』などの多くの実例が取り上げられている。

ふだん触れ合う機会のない異なるコミュニティに積極的にアプローチし、共通の関心ごとのもとに集う機会を編み出して生まれる新しい路上の形がここにまとまっている。

Info

hpnjfhhpomkiehlg

あたらしい「路上」のつくり方
実践者に聞く屋外公共空間の活用ノウハウ
影山裕樹

1,836円(税込)
DU BOOKS / 9784866470597 / JPN

http://diskunion.net/dubooks/ct/detail/DUBK217

RELATED

ヒップホップとキリスト教の歴史にフォーカスした異色の書籍『ヒップホップ・レザレクション』が今週刊行

日本基督教団阿倍野教会牧師でありヒップホップの現場を知り尽くした神学者の山下壮起による書籍『ヒップホップ・レザレクション』が、7/25(木)に刊行される。

ギャングスター・ラップの世界を80年代から現代まで追った書籍が刊行

ラップ・ジャーナリストのSoren Bakerによる書籍『ギャングスター・ラップの歴史』が9月に刊行される。

現代ピクセルアートの世界を一望する書籍『ピクセル百景』が6月に刊行

ピクセルアートの最前線をまとめた初の作品集『ピクセル百景』が6月10日に発売される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。