EVISBEATSがニューアルバム『ムスヒ』を5月にリリースへ | 田我流、鎮座DOPENESS、LIBRO、CHAN-MIKAなどが参加

EVISBEATSが前作『ひとつになるとき』から6年ぶりとなるニューアルバム『ムスヒ』を5月にリリースすると発表した。

ニューアルバムからは、クラシックチューン"ゆれる"の続編的位置付けの"夢の続き feat. 田我流"と、"HELLO"がカップリングされた7インチが先行リリースされることも決まっている。

どのようにして毎日をより良く生きようかという日々是好日の思いがアルバムのテーマとなっており、『ムスヒ』というタイトルは『産霊(むすひ)』(生命のあるものを生み出し作り出す行為)を意味し、聞いてくれる人と人、人や物、色々な縁をむすんで繁栄する様なきっかけになればという思いが込められている。

LIBRO、鎮座DOPENESS、田我流、CHAN-MIKA、Phoka、前田和彦、MICHEL☆PUNCH、伊瀬峯幸が参加し、ヒップホップをベースとしつつもバラエティーに富んだ作品となっているという。

Info

AMRAM-004&005_EVISBEATS_S

アーティスト : EVISBEATS (エビスビーツ)
タイトル : ムスヒ (ムスヒ)
レーベル : AMIDA STUDIO
発売日 : 2018年05月02日(水)

●通常盤●
フォーマット : CD(LP型紙ジャケット仕様、歌詞カード付属)
品番 : AMRAM-004
税抜価格 : \2,778
バーコード : 4526180447214

●生産限定盤(インスト・ディスク付属2CD仕様)●
フォーマット : 2CD(インストディスク付属、LP型紙ジャケット仕様、歌詞カード付属)
品番 : AMRAM-005
税抜価格 : \3,704
バーコード : 4526180447221

収録曲
1. ムスヒ
2. 花火
3. 流れる
4. オトニカエル feat. LIBRO
5. THE STYLE
6. 作ってあそぼ feat. 鎮座DOPENESS
7. NEW YOKU feat. CHAN-MIKA
8. Long Long Time feat. CHAN-MIKA
9. ちぽろっち
10. めばえ feat. Phoka
11. 穏やかな暮らし
12. 草枕
13. HELLO
14. 夢の続き feat. 田我流
15. プラネタリウム
16. お家へ帰ろう

限定盤DISC2収録曲
本編(DISC1)のインスト

RELATED

田我流の『Ride On Time』リリースパーティーが京都METROで開催 | C.O.S.A.やCE$、CH.0なども出演

田我流が今年リリースしたアルバム『Ride On Time』のリリースパーティーが京都METROで9/21(土)に開催される。

『全感覚祭19』の大阪編の出演者が発表 | 鎮座DOPENESS、Campanella、折坂悠太などが出演

GEZANが主宰するレーベル十三月による野外フェス『全感覚祭19』の大阪編の第一弾出演者が発表となった。

【対談】cero・高城晶平×田我流 『Traffic』|ノスタルジーの粉を吸わずにはいられない

例年よりすこし遅めではあるものの、梅雨が明け、本格的な2019年の夏が到来。フジロックも無事開催終了し、本格的な夏フェス/ライブ・イベントのシーズンを迎えている。そして、今後予定される数多ある夏イベントのなかで、一際の存在感を放つのがceroが主催するライブ・イベント『Traffic』である。新木場STUDIO COASTで2016年から毎年開催、今年で4回目を数える本イベントは出演ライブ陣やDJ、フードの出店などのセレクトをすべてceroメンバーが担当、ほかでは見ることのできない組み合わせが醍醐味となっている。今回は8月11日(日)の『Traffic』開催を目前に、ceroの高城晶平とライブで参加することが決定している田我流の対談を敢行。子育てからノスタルジーにまつわる話、もちろん本イベントに関するあれこれをざっくばらんに語ってもらう。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。