注目のプロデューサーでラッパーのRonny Jがデビューアルバムをリリース | Ski Mask the Slump God、Smokepurpp、Denzel Curryなどが参加

マイアミを拠点とするプロデューサーでラッパーのRonny Jが、自身のデビューアルバム『OMGRonny』をリリースした。

Ronny Jはその破壊的でディストーションがかかったサウンドで、現在のSoundCloudラップシーンなどを支えてきたプロデューサーの1人。自身でもラップを行う彼のデビュープロジェクトには盟友のSki Mask the Slump GodやSmokepurpp、Denzel Curryなど拠点とするフロリダの注目アーティストが参加。さらに物議を醸しているラッパーのXXXTentacionも参加している。

Ronny JはFaderのインタビューに答え、現在Lil XanやTravis Scottなどとも共作を行っていると答えている。さらにRonny Jは、「もしあなたが伝説になりたいなら、「~Type Beat」は作ってはいけない、自分のビートを作れ」と語っている。Ronny J自身が影響を受けたプロデューサーとしてはMetro Boominや808 MafiaのSouthsideの名前を挙げている。

related

Ski Mask The Slump Godが新曲“Burn The Hoods”のタイトルを当初“Fuck Donald Trump”にする予定だったと明かす

先週金曜日に新曲“Burn the Hoods”をリリースしたSki Mask The Slump God。そんな彼が、同曲のタイトルを当初別のものにする予定であったと明かしている。

YGやLil BabyらがBLMデモの模様を取り入れたミュージックビデオを発表

先日、ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人男性ジョージ・フロイドさんが警察によって不当な取り調べを受けた末に窒息死させられた事件を契機に全世界で大きな盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」デモ。ヒップホップシーンにとって避けては通れない問題である人種差別に対する抗議運動には多くのラッパーも参加、もしくはサポートを表明していたが、抗議の意思やここ最近のデモの様子を楽曲やMVに盛り込むラッパーも徐々に現れてきているようだ。

Denzel Curryが残り3枚のアルバムでラッパーを引退し漫画家になる考えを明かす

2月にはKenny Beatsとのジョイントプロジェクト『UNLOCKED』を発表し話題を呼んだDenzel Curry。そんな彼が、インタビューの中で残り3枚のアルバムを発表し引退する考えを明かした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。