【特集】Trax CoutureからEP『Body of Work』をリリースしたArtemが影響を受けた10曲

ミシガン州出身のラトビア系移民で現在はLAを拠点にするアーティストのArtemが、Rushmoreが主宰するロンドンのインディーレーベルTrax CoutureからEP『Body of Work』をリリースする。

EPにはArtemが強い影響を受けたアンダーグラウンドなテクノサウンドを背景にしつつも、現在のメインストリームなヒップホップやR&Bのシンプルで華麗なグルーヴも取り入れられており、まさにアンダーグラウンドとメインストリームの橋渡しになるような作品となっている。

ミシガンで生まれ育ち、NYでテクノシーンに傾倒し、現在はLAで自身の音楽と向かい合うArtemがEP制作にあたり影響を受けた10曲を教えてくれた。

Artem - 『Body of Work』に影響を与えた10曲

1. 下田逸郎 - "アイ クライド"

コメント
数年前にこの素晴らしいアーティストを発見してから、いつもこの曲に引き込まれている。

2. Marvin Gaye - "I Want You"

コメント
おれのMarvin Gayeのフェイバリットチューン"I Want You"をMarvinが制作している映像だ。ソファに横たわって、バンドと共に曲を作っているムードは、おれのEPにも通じるね。

3. 石川セリ - "パノラマ・ヘヴン"

コメント
ラップ・スティールギターを使っているところが、この曲は最高なんだ。おれも結局"Run"でラップ・スティールギターを使ってしまったよ。

4. Sven Torstenson - "pastoral soft breeze"

コメント
この曲のパワフルなんだけどドラムが全く使われていないという点は、おれの作品に大きなインスピレーションとなったよ。

5. Sevdaliza - "Marilyn Monroe"

コメント
彼女のトラックは彼女のボーカルを素晴らしくするためのスペースがあるよ。おれはミニマルなトラックで弱々しいボーカルだけど、リスナーが感情を聴き取れるようにちゃんと立っている曲が好きだ。

6. Liquid - "Sweet Harmony"

コメント
この曲は12歳からおれのフェイバリットトラックだよ。インターネットのUKの変なダンスミュージックプレイリストみたいなところで見つけて、そこからぞっこんだね。おれはブレイクビートにピアノと美しいボーカルサンプルがうまく乗っている曲に、めっぽう弱いんだ。

7. 3 Of A Kind - "Babycakes"

コメント
ロンドンで一夏を過ごした時に、紹介してもらった曲だ。ポップスとUKガラージの完璧なミックス。

8. Massive Attack - "Unfinished Sympathy"

コメント
Massive Attackは最高だ。この曲はスーパーパワフルなビルドアップがされているし、彼らが使っている全ての音が好きだね。

9. Arthur Russell - "Arm Around You"

コメント
Arthur Russellは神。彼の曲の中でフェイバリットなものの1つだね。この曲のシンプルなプロダクションのやり方と彼の生々しいボーカルの処理が好きだ。とてもインスパイアされる。

10. Rauw Alejandro - "Donde ?"

コメント
去年グアテマラで音楽の仕事をした時に聴いた曲で、今日までこの曲に溶かされているよ。ダークでセクシーなトラック、そして彼のボーカルが完璧に浮遊しているよ。

Info

Artem_Final-Cover SMALL mail

Artem - 『Body of Work』

購入リンク https://traxcouture.com/product/bodyofworkbyartem/

related

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。