Frank Oceanの『Endless』のレコードが届かない

Frank Oceanは昨年11月に、2016年にリリースしていたビジュアル作品『Endless』やそのサウンドトラックをVHSや、レコードでサプライズリリースしていた。このレコードは通常6~8週間で配送される予定だったが、リリースから11週間が経過した現在もレコードは全く配送されていないとPigeons & Planesが指摘している

Frank Oceanは現在メジャーレーベルを離れており、今回の『Endless』も自身のサイトのみでリリースしている。そのため世界中から多数のオーダーが殺到したため、配送処理ができていないという可能性も考えられるが、しかし想定した時間よりも倍以上の時間がかかっているが、Frank Oceanサイドからは全くアナウンスがない。

もしくは予想以上のオーダーにより、レコードの生産ラインを確保できていない可能性もあり、こちらの場合はさらに時間がかかることは必至だろう。

日本からも少なからずファンがオーダーしたと思われる『Endless』のレコード、まだ届いていないという人は、オーダーした全員がその状態なので、自分だけだとは思わないでほしい。

「2036年、子供と遊びながらコーヒーを飲み、朝ごはんを作っていると、ドアをノックする音が聞こえた。ようやく『Endless』のレコードが届いた」

果たしていつ届くのだろうか?届いたという方はぜひご一報を。

related

Frank Ocean、Kendrick Lamar、Kanye Westなどの楽曲が使用される映画『WAVES/ウェイブス』の予告編が公開

『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など次々と話題作を発表して、ハリウッドに新風を吹き込む映画制作会社のA24。

来年のCoachellaのヘッドライナーはTravis Scott、Frank Ocean、Rage Against The Machineか?

4/10(金)〜4/12(日)、4/17(金)〜4/19(日)と2週連続で開催される来年のCoachellaのヘッドライナーについて、Us Weeklyが内部情報を得たと報じている。

"DHL"のプロデューサーであるBoys NoizeがA$AP Rockyを通じてFrank Oceanと出会ったことを明かす

00年代を代表するドイツ出身のエレクトロアーティスト、Boys Noize。最近ではFrank Oceanの久しぶりにリリースされた新曲“DHL”やA$AP Rockyの“Babushka Boi”にプロデューサーとして参加するなど、シーンを跨いでの活躍が目立つ彼がFrank Oceanとの楽曲制作を振り返っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。